EVENT & NEWS

【TIMES】2018/03/02 09:51 睦月 満月 / 初春

【TIMES】2018/03/02 09:51 睦月の満月
旧一月 1th Full Moon
初春 Early Spring

地球暦が朔弦望の「睦月(むつき)の満月」をお知らせします。
The First Full Moon of the lunar year occurs on March 2nd. Enjoy the early-spring full moon.

旧暦で最初の満月となる「初春」の月が満ちてきました。

この月は古くから「睦月」という名で親しまれ、1年のはじまりに皆が集まり、相睦びながら縁を深める「睦び月(むつびつき)」、1年の元となる意味の「元つ月(もとつつき)」、春陽の兆しが生まれる「生月(うむつき)」と呼ばれ、年のはじまりを告げる月とされてきました。

古くは旧正月(新月)から、小正月(満月)までが松の内(門松飾り)と言われ、正月行事の期間。また小正月は、正月に忙しく働いた女性をねぎらうために、男性が家事をしたりと女性を休ませる習慣があり、この満月は女性にとって1年で一番心休まる月で、月小屋・欅小屋などの女性たちが集い盛り上がる女正月でした。

1年で最初の満月となるこの月には、豊作を祈願し粥を炊いて1年の作物の出来を占ったり、柳や水木の枝先に餅などをつけた「削り掛け」を吊るして豊作の予祝が多くあります。左義長やどんど焼きなどで、注連飾りや門松、書き初めなどを盛大に燃やすお祭りも多く行われ、この満月は長い正月休みモードを締めくくる合図でした。

この小正月が過ぎるといよいよ1年が動き始めるということから、成人式の祝いの門出や、冠婚葬祭の「冠」にあたる元服の儀もこの満月に由来しています。

旧正月が1年のリセットの「静」なら、小正月は活動開始の「動」のとき。正月にかけた抱負や祈願を実際に実行へと移す、そんな気持ちで月を眺めてみてはいかがでしょうか。

2018年版 地球暦、日本語版・英語版、好評発売中!
💿音楽CD「The Time, Now 2018」先行予約 送料無料
地球暦リリースイベントツアー(全国8ヶ所)開催中!次回は3月4日東京にて!
🌙全国取扱店の申込みも承っております。

Related articles