EVENT & NEWS

【TIMES】2018/07/28 05:20 水無月の満月 🌕皆既月食 6th Full Moon / Total Eclipse

【TIMES】2018/07/28 05:20
水無月の満月 🌕皆既月食
旧六月 6th Full Moon / Total Eclipse
晩夏 Late Summer

地球暦が朔弦望の「水無月の満月」をお知らせします。
The sixth Full Moon of the lunar year occurs on July 28th.

夏の終わりを知らせる晩夏の月。今回は皆既月食!そして月の横には非常に距離の近い火星がやぎ座の付近でざくろ石(ガーネット)のように赤く輝いている様子を見ることができます。このように明るい火星を見ることができるのは実に15年ぶりで次回は2033年という歴史的な天文現象。ぜひ地球暦でも地球と火星の位置関係を確認してみましょう。太陽系の様子が実際にどのような光景で見えているのかイメージしながら空を眺めるのはまた一興です。

月食の時間は薄明が始まる夜明け前。皆既したまま西の空に月が欠けながら消えていくという月没帯食という月食です。午前2時くらいから半影食がはじまり、夜明けにかけて少しずつ赤銅色に月の色が変わっていきます。多くの地域では沈みながら月食していきますので皆既の瞬間は見ることが出来ませんが、どこまで見えるか夜明け前の西の空でチャレンジしてみましょう。

月食や日食は、太陽(黄道)と月(白道)の交差点で、新月や満月に起こる天文現象。このような時は太陽と月の結びつきを強く感じる時。特に今回は月が小さいことにも注目!今は満月に最も遠ざかっているので今年一番小さな月です。

半影食 開始 02:13
部分食 開始 03:24
皆既食 開始 04:30
皆既食 最大 05:21

夏の終わり、晩夏の満月をどんな思いで見上げますか。

Photo : Rie Mitsui

参考 皆既月食 / 国立天文台

参考 2018年最小の満月・皆既月食(2018年7月) / 国立天文台

Related articles