EVENT & NEWS

【TIMES】2018/09/23 10:54 秋分 Autumnal Equinox

【TIMES】2018/09/23 10:54
秋分(しゅうぶん)Autumnal Equinox
地心黄経180度、日心黄経0度

地球暦が二十四節気のひとつ「秋分」をお知らせします。
The length of a day and night becomes nearly equal.
春分から180度経過した、仲秋の半ばの地点です。

昼と夜の長さが同じになる「秋分」は、“暑さ寒さも彼岸まで”といわれるように、陰と陽の気が切り替わるタイミング。

3月中旬の春分から半年が経ち、上半期が終わりこれから下半期。春が種まきなら、今は結実を迎えるとき。年度の区切りでは、この半期折り返しが中間決算とともに事業や人事の結果が出るときです。

これから夜の方が少しずつ長くなっていきます。一年を一日にたとえると春分が“日の出”に対して、秋分は“日の入り”にあたり、昼から夜へ移り変わる夕暮れ時の時間帯。

仏教では現世と極楽の間の“彼岸”として象徴していますが、昼夜を相等分する秋分に二極の中庸を感じるのは人類共通の感覚のような気がします。秋分の太陽は地球上のどこから見ても真東から昇り、真西へと沈んでいます。この彼岸の時期に、太陽を意識しながら、身近な場所で日の出や日の入りを眺めてみてはいかがでしょうか。太陽の向こう側に、半年後の自分が見えてきたら素敵ですね!地球暦をお持ちの方はぜひ秋分を機に時空間での位置をご確認下さい◎

Related articles