EVENT & NEWS

【TOPICS】2018/10/26 金星と地球の結び Venus & Earth MUSUBI

【TOPICS】 2018/10/26 金星と地球の結び Venus & Earth MUSUBI
───────────────────────────

金星と地球のサイクルが結びの節目を迎え、現在はお互いに最も距離が近い関係になっています。

結びと開きは、呼吸に例えるなら“呼気”と“吸気”の間に一瞬できる「止気」の転換点。昨日まで地球に近づいてきた金星も、結びの今日を境に地球から遠ざかっていきます。

地球から見ると太陽の手前に位置している金星は、太陽に吸い込まれるように夕方の西の空に消えていき、数日後に一転して明け方の東の空から吐き出されるように昇ってきます。その様子はまるで太陽の光をチャージした明星が、宵から明けへと、朝夕の黄昏の瞬間に生まれ変わっているようです。

そして最大光度を迎える5週間後の12月2日には、金星のその輝きは全天一明るい恒星のシリウスの20倍にもなり、現在でも地上の人工物や未確認飛行物体と見間違うほど明るく、都会の空でもはっきりとモーニングスターを見つけることができます。これから日の出が遅くなる冬の時期にかけて金星の輝きは、純白の閃光(太白)の如く、夜明け前の空に瞬いていることでしょう。

日の出の90分前は古くから聖なる時間とされています。金星の眩しさで目覚めたブッダ、金星を飲み込んだ空海、古今東西の神話や逸話に残る金星の輝きを、自分の目で確かめて見てはいかがでしょう。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2018年11月17日リニューアルオープンする愛知県安城市文化センタープラネタリウムのエントランスに、太陽系時空間地図 地球暦の空間アート作品 「 HELIO COMPASS 」 が登場します!プラネタリウムのドームは世界初の傾斜角ドーム!星空の世界へすっぽりと包まれる体験とともにぜひ足をお運びください!(近日詳細公開)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

HELIO COMPASS 2018
太陽系時空間地図 地球暦

Front page

Related articles