EVENT & NEWS

【TOPICS】仕込八割、現場二割。発酵地球暦の寒仕込み。

【TOPICS】仕込八割、現場二割。発酵地球暦の寒仕込み。

“寒の入り”の「小寒」から、“寒の明け”の節分まで晩冬の1ヶ月は、発酵過程としては一番の熱い時期。
味噌など家庭でできる手軽な発酵食品を楽しんでいる方も多いのではないでしょうか。この時期に一年分漬けると、光が満ちる夏至にかけて発酵が進み、夏場のきゅうりなども美味しく、秋分には熟成します。正月にお水取りなどをするのも雑菌の繁殖が少なく一年で一番清潔な時期だから。旧正月2/5までの寒のシーズンは楽しみがいっぱい。

地球暦をお持ちの方、2.3年目の方はぜひワークシートにもトライしてみましょう。日常のできごと、体調の変化、家族のイベント、地域の風土、環境の観察、栽培管理、プロジェクトシートなど、シンプルな円盤に一年の計をしたためて見てはいかがでしょうか。ワークショップなどにもご活用いただけます。

 

ワークシート記載例 : Taiki Suzuki 鈴木大輝(発酵居酒屋5/発酵生協)

 

太陽系時空間地図地球暦
HELIO COMPASS 2019 販売開始!
http://heliostera.theshop.jp/

オフィシャルリリースイベント@静岡
http://heliostera.com/article/shizuoka2019/

Related articles