EVENT & NEWS

【TIMES】2020年3月20日 12時50分 祝 新年度 The Beginning of the HELIO COMPASS Newyear !

【TIMES】2020/03/20 12:50
春分 Vernal equinox
地心黄経0度、日心黄経180度

地球暦が太陽年の年始 新年度「春分」をお知らせします。
A new year of HELIO COMPASS begins on this day. The length of a day and night becomes nearly equal.


カウントダウンタイマー

 

2020/03/20 12:50

春分 Vernal equinox

地球暦が「春分」をお知らせします。

地球の真中心、赤道付近にまっすぐ光が当たり、
北半球と南半球に、同量の光が当たり、
陰と陽がきれいに分かれ、昼と夜の長さが同じ。

春分の日、世界中どこからでも、
朝の日の出の御来光は、
真東から昇ってきて、真西へと沈んでいく。

北と南が、昼と夜が、
東と西が、バランスする。
シーソーの釣り合い、反転する光のバランス。

暑さ寒さもお彼岸まで、陰でも陽でもない中道。
蓮の花の上で見渡す、一年のセンターライン。

春分点、肌で感じる、太陽と地球の交差点。
羅針盤、方針定まり、御来光の光、通じて、

VERNAL EQUINOX、僕らがひとつになる祭り。

 

 

 

 

新年度、元旦

 

「春分」は新しい年度がはじまる地球の暦のスタートライン。
1年を1日にたとえると午前6時、ちょうど「日の出」にあたり、1年の朝を迎えたタイミング。

1月1日で年が変わるのは誰もが知るところですが、その一方で、新学期やクラス替え、人事や決算など、生活の区切りは今でもこの「新年度」。

昼が長くなり、光と熱の量が増して、動植物もいっせいに目覚める春は、きっと天文や暦が生まれる前から、自然界共通のスタートだったことでしょう。

 

 

 

 

0° 原点回帰

 

天文学では黄道と赤道が交わる点が春分点、それは地球と太陽を結びつけている結節点のようなもの。

赤経0時・赤緯0°、黄経度0°・黄緯0°、ゼロポイントの起点は太陽年(365.2421)のスタートライン。

占星術でも春分の太陽の背景にあるおひつじ座宮は12星座の最初のサインされ、春分点は天文・占術ともに円環の基点となっています。

 

 

 photo : Rie Mitsui

 

 

 

2020年 春分、3月20日 午後12時50分

 

 

国立天文台 暦要項

 

 

祝 春分  全国初日の出情報

The First Sunrise of HELIO  COMPASS New Year !

 

 

 

 

 

太陽とともに

 

 

神道では春季皇霊祭、イスラム教のヒジュラ暦(イラン暦)では年始のノウルーズ(新しい日)、ユダヤ教では春分過ぎの満月にペサハ(過越祭)、キリスト教ではその日曜にイースター(復活祭)、タイの仏教暦では彼岸に元号が変わり、ヒンドゥー暦では春分前後の新月翌日を年始とするなど、神道をはじめ五大宗教すべてに春分基点の暦日や大祭があります。それはシュメール、エジプト、バビロニアなど古代文明から引き継がれ、またマヤ、アイヌ、ネイティブアメリカンなど先住民も、春分(または前後の新月や満月)はじまりの1年は共通した文化でした。

真東から昇り、真西に沈む、太陽…。

春分の日、スフィンクスは日の出を見据え、モアイは日の入りを見送る。チチェン・イツァ、アブシンベル、マチュピチュ、アンコールワットなど…、太古の遺跡に刻まれた光の彫刻は、今年も静か時を知らせています。

 

 

 

 photo : Rie Mitsui

 

 

あらゆることの

はじまりに

 

物事の始まりを特別な日にしたい、そう願う気持ちから暦の祝祭日は生まれきました。行事などを月や、季節の節目に合わせたり、暦の数字に願をかけたり…、さまざまなはじまりがある中でも、もっともスタートに相応しいのは「春分」。ここから物事をはじめると一周年、二周年と、地球と動きと自分の活動とを結びつけることができ、再び春分に回帰した時にその言葉の通りに「周年」を重ねることになります。

□ 新年度のはじまり
□ 上半期のはじまり
□ 第1四半期のはじまり
□ 昼が長くなる光のバランスのはじまり
□ 真東から太陽の昇るご来光のはじまり
□ 星座の12宮のおひつじ座のはじまり、
□ その他、文化や行事も、卒業、入学、新学期、新生活、決算、会計年度など…

春分は社会全体の大きな節目となっています。また南米のメソアメリカの先住民の言い伝えでは、この春の時期にコミュニティ全体で花咲くこの時期に結婚式し、愛を育み、子を宿すのが最も自然のサイクルにふさわしいと考えていました。ちなみにこの時期に生命を宿すと、冬至付近の出産となり、一年の中で最も光を受けて生まれる子となります。蝶、鳥、動物などは春からつがいとなり繁殖期を迎えるように自然界全体が生命に息吹に満ちています。

1年のはじまり、あらゆる物事のはじまり、春分の日がみなさまにとって特別な1日になりますように…

 

 

 

 

 

_春こそ身体をリセットを、気持ちよく新年度を迎えましょう。

 

今の体調はどうですか? コリや疲れやだるさはありませんか?また花粉症などで運動不足も溜まっていませんか?

春はうごきはじめの時期ですから肝臓の活力が高まってきます。長い冬の間に溜め込んだ、高タンパクなぜいたく食や固まった油脂など、身体をうごかすことで徐々にリンパや排毒の管が流れていきます。いまは分解や解毒を助けるような、春に伸びてくる野草や菜の花、青い植物の成長点に集まっている乳酸菌や酵素を積極的に摂るとよいでしょう。体のエンジンである肝臓のリフレッシュを心がけると、要らないものが流れて、身体がより軽やかにうごけるようになります。春眠暁を覚えずなど、春はうとうとする気持ちのよい季節ですから、普段睡眠が足りないなと思う人は、思いっきり寝てみるのも最高のリセットです。

 

春分はじまりの太陽系時空間地図、ただいまスタートです!

 

 

お申込みこちら

 

 

地球暦ウェビナー 前半  地球暦の解説 / 事務局 濱口将成
地球暦ウェビナー 後半  特別講演「私たちは今、どこにいるのか」/ 杉山開知
オフィシャル リリースイベント 2018

地球暦リリースイベントただいま開催中!

 

この一年のスタートに合わせて、全国で最新版の地球暦のお披露目を行います。シンプル、そして、いつも新しい発見のあるトークイベントや地球暦ワークショップが体験できます。ぜひお近くの会場で「新しい時間」の感覚に出会いにきてください。

 

HELIO COMPASS 太陽系時空間地図 地球暦 OFFICIAL RELEASE EVENT TOUR 2020 GO !

 

●2020/2/9 sun 滋賀 HP

→近江神宮勧学館大ホール ※終了しました

●2020/2/11 東京 ヘリオキャンパス HP

→明治学院大学白金キャンパス ※終了しました

●2/13 thu 韓国ソウル HP

→ソウル革命センター / クリキンディセンター ※終了しました

●2/16 sun 静岡 HP

→ふじのくに地球環境史ミュージアム ※終了しました

●2/23 sun 大阪 HP 

→梅田B1Fレンタルスペース会議室 ※終了しました

●2/29 sat 鎌倉 HP

→一花屋 お申し込みはお電話にて ※満員御礼

●3/8 sun 安城(愛知)HP

→安城※終了しました

●3/15 sun 松山(愛媛)HP

→和光会館※終了しました

●3/28 sat 長岡(新潟)HP

→まちなかキャンパス3階 ※中止 オンライン移行中

●3/29 sun 鶴岡(山形)HP

→スイデンテラス ※中止 オンライン移行中

●4/19 sun 白川郷(岐阜)HP

→山本屋 お申し込み

●4/25 sat ニセコ(北海道)HP

→ニセコ町民センター お申し込み

●4月29 wed 帯広(北海道)HP

→ルミカペお申し込み(定員につき申込終了)

 

 

PDFはこちら

「協奏の二十年代」 Roaring Twenties -時のまにまに-

 

太陽系からこの世界を眺めてみると、人類は一つの生物であり、自分もその小さな細胞の一つのように感じます。すべてが一体感を持っている感覚は、言葉では説明しにくいですが、地球暦はまさに77億人が共通し、直面している「今ここ」を示しています。

ぜひ時空間地図を広げてみて下さい。2020年、太陽系では水・金・地・火・木・土・冥の七つの惑星が夏にかけて次々に会合します。私自身、地球暦を作りはじめてから、最もドラマチック(ちょっとスリリング)な流れに見えています。そこに転機を感じるのは人間側の勝手かも知れませんが、少なくとも私たちは宇宙に対して共感覚を持って時空を捉える力が備わっています。

狂騒の二十年代(Roaring Twenties)と謳われた1920年から1世紀。ラジオとレコードに未来を夢見た人類は、今、宇宙背景放射波をラジオのように聞き、銀河系をレコードのように俯瞰するほどまで進歩しました。しかし1世紀後の未来から振り返えれば、現在はようやく宇宙時代の黎明期を迎えたばかり。奇しくもその時のまにまに巡り合わせた惑星たちと、人間たちが感応する「協奏の二十年代」のはじまりに2020年の新たな時空間地図をお伝えします。

 

 

Related articles