EVENT & NEWS

【TIMES】2020年5月5日 09時51分 立夏 Summer’s Start

【TIMES】2020/05/05 09:51 立夏 Summer’s Start
地心黄経45度、日心黄経225度

地球暦が二十四節気のひとつ「立夏」をお知らせします。
The summer season begins. (Verdure becomes more green, indicating the start of summer.)

春分から45度経過した立夏。この地点から春が終わり、季節は夏を迎えます。自然界の気は徐々に変化していきますが、位置情報を示す二十四節気の暦では、この節目の一線を越えると、春夏秋冬が切り替わっていきます。

今は1年を1日に例えたときの朝9時。ラッシュアワーも終わって午前中のエンジンがかかり、お寝坊さんも目覚める頃。これから6月夏至までの午前中の時間をどう使いますか?一年で最もアクティブに動きやすい立夏は、 午前中に物事がはかどるように、上り坂のエネルギーが活動に幸先よい追い風のようです。

春と夏の狭間であるこの「立夏」から、半袖やスカートなど服装も夏らしくなり、体感的に夏の訪れを感じ、そろそろ模様替えの準備です。また立夏は例年ゴールデンウィークとも重なり、人、物、金などの経済的に循環が活発になるのも特徴です。第1四半期も半分過ぎ、1年では1/8が経過しています。地球暦でこれからはじまる夏全体を見渡てみましょう。

季節感に則した業種(服飾・飲食など)は、半年後の11月上旬と同じく、年間の大きな山場を迎えます。この時期は新しいものを取り入れようとする機運に溢れて、ここでの取り組みが再び11月上旬の立冬につながっていきます。農事でも、夏野菜などの植えつけの繁忙期。夏を快適に、実り豊かにするために種をまき、苗を植えましょう。

初夏の時空間情報

立夏の夜はみずがめ座η流星群、満月間近の空に流れる星影が見えたら素敵ですね☆彡
地球暦をお持ちの方はぜひ惑星の位置を見てみて下さい。夜空では夕方の金星が美しく輝いています。これから少しずつ高度が下がり6月からは見えなくなっていく、宵の明星のラストシーンの「一番星」です。トワイライトのマジックアワー(薄明時)に、夕焼けの茜色と夜の藍色のグラデーションの中で輝く金星、一期一会の光景を眺めてみましょう。

さらに明け方には木星と土星と火星が見え、来たる夏の惑星集中を予感させています。地球暦を見ながら、実際の空との関係性が理解できるとと世界がもっと広がりますよ。

47 | 2020.05.05 立夏 9:51 / 水星と地球の開き
48 | 2020.05.06
49 | 2020.05.07 満月(卯月) 19:45
50 | 2020.05.08
51 | 2020.05.09
52 | 2020.05.10
53 | 2020.05.11
54 | 2020.05.12 金星と天王星の開き
55 | 2020.05.13
56 | 2020.05.14 下弦(卯月) 23:03
57 | 2020.05.15 水星と木星の開き 水星と火星の開き
58 | 2020.05.16 水星と冥王星の開き 水星と土星の開き
59 | 2020.05.17 火星と木星の結び
60 | 2020.05.18
61 | 2020.05.19
62 | 2020.05.20 小満 22:49

 

【TOPICS】竹と地球暦 (活用事例紹介)

 

今から、ここから、地球暦!

お申込みこちら

 

 

 

The Time, Now 2020

第1四半期 First Quarter of the year.

The Time, Now 2020 / HIROKI OKANO

 

 

The Time, Now 2020 / akira ∞ ikeda aka Aki-Ra Sunrise

 

『QUANTUM LEAP BREEZE』 Music for HELIO COMPASS 2020 / 約50分

クラウドファウンディング終了いたしました!ご賛同いただきありがとうございます。

ご支援をいただきました皆様へこの場を借りて、まずは厚く『御礼』を申し上げます✨🙏✨

このご時世、アーティスト活動は日に日に大変な状況にあり、たとえ良い作品であってもリリースする機会は失われている現状です。

そんな中、ご支援という形でみなさまからご寄付を募らせていただきましたが、個人的にお願いをする形でのスタートは、本当に頭を下げるような思いで勇気のいることでした。

しかしながら、みなさんの気持ちも受け取りながら、メッセージに励まされ、“よし!一人でも賛同してくれる方がいるなら、本気で作品を完結させよう!”と最後まで乗り切ることができました。

今作品は、歴史に残るメモリアルな2020を刻んだ素晴らしい楽曲になったと自負しております。

これもひとえに皆様のご支援と、お気持ちのおかげです。

ここに無事、セルフクラウドファンディングの終了をご報告させていただきます。

プレス代、デザイン、送料など合わせるとプラスマイナスゼロ!クリエイティブまでは賄えなくとも、これは金額ではなく、試みとして大成功であったと思っています!

賛同いただいた方には、発売に先行してサイン入りCD、デジタル音源、映像などをお届けいたします。

また一般発売は6月4日。HMV、タワーレコード、アマゾン他、デジタル・ダウンロードはアメリカのDOMOレコードから配信されます。

引き続き温かいご支援をよろしくおねがいします。(杉山開知)

Related articles