EVENT & NEWS

【TIMES】2020年7月22日 17時37分 大暑 Great Heat

【TIMES】2020/07/22 17:37

大暑(たいしょ)Great Heat
地心黄経120度、日心黄経300度

地球暦が二十四節気の「大暑」をお知らせします。
The hottest days in the year commence.

春分から120度経過した、晩夏の半ば。大きく暑いと書く「大暑」は、光が最も満ちる夏至から30度経過した地点です。一年で最も酷暑となる時期で、光が熱となり、天と地の間では陽と陰の気が入り混じり、入道雲や雷など、天候もダイナミックに変化します。

春にまいた種や苗が実りを迎え、夏野菜も今が旬ですね!スイカやきゅうりなど、陰性を代表するウリ科の植物も旺盛になり、農作物も水やりに忙しい時期。体感的にはこれから夏本番という感じですが、すでに土用入りを迎えており、暦のうえではひと足早く秋への切り替わりに入っています。秋バテに気をつけて夏の養生を心がけていきましょう。

夏といえば風鈴や花火など涼の楽しみ。夏休みも目前に控え、一年で最も活動的になり、海開きや山開きなど、アウトドアの行楽も心地よい時期です。ふくらんでくる月を眺めながら、最後の夏を味わってみてはいかがでしょうか。

 


【TOPICS】春夏秋冬 土用で暮らす /「夏の土用の暮らし方」

今年は7月19日〜8月6日までの19日間が土用の季節。1年を1日に例えると、夏の土用は午後2時頃の活動的な時間帯。一年の中で夏をめいいっぱい味わうことができるのはこの期間だけ 。土用を迎えると秋ももうすぐそこです。一年で一番気持ちの良いこの土用タイムを自分なりの過ごし方で満喫しましょう。記事はこちら

 


 

地球暦を見てみると、地球の外側には木星と土星が近づいています。実際の夜空では木星と土星南に一際目を引く明るい星が木星、その横に輝く土星、どちらも見頃となっています。木星と土星は夕方19時くらい、火星は23時くらいに東の空から昇り始め、都会の空でも見ることができます。また明け方には最大光度を過ぎた金星がまだまだ明るく輝いておりますのでぜひこの機会に観望してみましょう!

 

Photo : 著者撮影 木星と土星

晩夏の時空間情報

125 | 2020.07.22 大暑 17:37
126 | 2020.07.23
127 | 2020.07.24
128 | 2020.07.25
129 | 2020.07.26
130 | 2020.07.27 上弦(水無月) 21:33
131 | 2020.07.28
132 | 2020.07.29
133 | 2020.07.30
134 | 2020.07.31 水星と天王星の結び
135 | 2020.08.01 木星と冥王星の結び
136 | 2020.08.02
137 | 2020.08.03 金星と海王星の結び
138 | 2020.08.04 満月(水無月) 0:59
139 | 2020.08.05
140 | 2020.08.06
141 | 2020.08.07 立秋 10:06

今から、ここから、地球暦!

お申込みこちら

 

The Time, Now 2020

楽曲制作 : HIROKI  OKANO

CREDITS:

All songs written and arranged by Hiroki Okano
Natural sound designed by Hiroki Okano
Recorded and Mixed by Hiroki Okano
Mastered by Hiroki Okano
Concept designed by Kaichi Sugiyama (HELIO COMPASS)
Additional musician: MIWAFUKU. TeN. JunkoOkano
Thanks to HIROAKI. ISAO SUDO

Video Editor : Kazunori Kawamura
Programmer : Yohei Kajiwara

 

楽曲制作 : akira ∞ ikeda aka Aki-Ra Sunrise

 

CREDITS:

All songs written and arranged by akira ∞ ikeda aka Aki-Ra Sunrise
Recorded and Mixed by akira ∞ ikeda aka Aki-Ra Sunrise
Mastered by akira ∞ ikeda aka Aki-Ra Sunrise

Concept designed by Kaichi Sugiyama (HELIO COMPASS)

Video Editor : Kazunori Kawamura
Programmer : Yohei Kajiwara

www.akira8ikeda.com

 

Related articles