EVENT & NEWS

【TIMES】2020年8月7日 10時06分 立秋 Start of Autumn

【TIMES】2020/08/07 10:06
立秋(りっしゅう)Start of Autumn
地心黄経135度、日心黄経315度

地球暦が二十四節気のひとつ「立秋」をお知らせします。
The autumn season begins. (Touch of the coming of autumn is in the air.)

「立秋」は、春分から135度経過した、初秋のはじまり。
春夏秋冬の真ん中、四季の折り返しです。
今日で夏が終わり、季節は秋を迎えました。自然界の気は徐々に変化していきますが、暦では節目の一瞬で季節が切り替わります。

夏と秋の季節の中間にある「立秋」は、秋のはじまりではあるものの、入道雲に雷やスコールと、体感としてはまさに夏まっさかり。一年を一日にたとえると午後3時くらいで、光のエネルギーは下り坂で勢いよく物事が動き、これから実りの秋へと移り変わっていきます。

毎年「立秋」のこの時期は夏休みと重なり、経済的の循環もひと休みし、谷間を迎えるのが特徴です。海の家など期間的に繁忙期を迎える業種以外は、お盆も含めて仕事にひと区切りつけて、90度(約3ヶ月)先の11月上旬の立冬に照準を合わせて下半期の予定を立てましょう。

夏祭りも、高校野球などのスポーツも、今が最も熱い時期。今年は行事も少ないのでご家庭でのイベントを大切にしたいですね。5月のG.W.に繁忙期を迎える業種などは、来年のための企画を立てるのもオススメ。ここで新しい展開の種をまくことで、妊娠期間(約9ヶ月)と同じ時を経て、来年の初夏に結実していきます。

 

Photo : 著者撮影 金星 明けの明星

初秋の時空間情報

地球暦を見てみると、地球の外側には木星と土星が近づいています。実際の夜空では木星と土星南に一際目を引く明るい星が木星、その横に輝く土星、どちらも見頃となっています。木星と土星は夕方19時くらい、火星は23時くらいに東の空から昇り始め、都会の空でも見ることができます。また明け方には最大光度を過ぎた金星がまだまだ明るく輝いておりますのでぜひこの機会に観望してみましょう!

141 | 2020.08.07 立秋 10:06
142 | 2020.08.08
143 | 2020.08.09
144 | 2020.08.10
145 | 2020.08.11
146 | 2020.08.12 下弦(水無月) 1:45 / 水星と冥王星の開き / 水星と木星の開き
147 | 2020.08.13 水星と土星の開き
148 | 2020.08.14
149 | 2020.08.15
150 | 2020.08.16
151 | 2020.08.17 水星と地球の開き
152 | 2020.08.18
153 | 2020.08.19 新月(文月) 11:42
154 | 2020.08.20
155 | 2020.08.21
156 | 2020.08.22 水星と火星の開き
157 | 2020.08.23 処暑 0:45 / 水星と海王星の開き

 

今から、ここから、地球暦!

お申込みこちら

 

The Time, Now 2020

楽曲制作 : HIROKI  OKANO

CREDITS:

All songs written and arranged by Hiroki Okano
Natural sound designed by Hiroki Okano
Recorded and Mixed by Hiroki Okano
Mastered by Hiroki Okano
Concept designed by Kaichi Sugiyama (HELIO COMPASS)
Additional musician: MIWAFUKU. TeN. JunkoOkano
Thanks to HIROAKI. ISAO SUDO

Video Editor : Kazunori Kawamura
Programmer : Yohei Kajiwara

 

楽曲制作 : akira ∞ ikeda aka Aki-Ra Sunrise

 

CREDITS:

All songs written and arranged by akira ∞ ikeda aka Aki-Ra Sunrise
Recorded and Mixed by akira ∞ ikeda aka Aki-Ra Sunrise
Mastered by akira ∞ ikeda aka Aki-Ra Sunrise

Concept designed by Kaichi Sugiyama (HELIO COMPASS)

Video Editor : Kazunori Kawamura
Programmer : Yohei Kajiwara

www.akira8ikeda.com

 

 

Related articles