EVENT & NEWS

【TIMES】2020年9月19日〜25日 彼岸の入り First Day of Autumnal Equinoctial Week

【TIMES】2020/09/19-25
彼岸の入り First Day of Autumnal Equinoctial Week

地球暦が「彼岸の入り」をお知らせします。
The season will turn to winter after this week. Prepare yourself for the next chilly season.

秋分の日を中日(なかび)として前後3日間(合計7日間)が彼岸の1週間。

彼岸の入りは上半期を締めくくる3日間、彼岸の明けは下半期のスタートとなる3日間
彼岸は、1年を二分する終わりとはじまりが交差する地球の運行の半期折返し地点です。

秋分は1年を1日に例えるとちょうど夕方にあたり、昼(上半期)と夜(下半期)の分岐点、過ぎた日々を想う黄昏の雰囲気が漂う一番ドラマチックな季節です。

陰陽中庸や西方浄土に祖霊を偲ぶ信仰も、自然界の昼夜の逆転に、人間界の生死流転を重ねあわせ、この時期に自然と生まれたような気がします。

彼岸(春分と秋分)の太陽は、地球上すべての場所で真東から昇り、真西に沈んでいきます。世界各地の遺跡(コミュニティ)は、その時の合図を地理や景観の中に織り込み祭祀をしてきました。

スフィンクスは日の出を見据え、モアイは日の入りを見送り、チチェン・イツァのピラミッドでは蛇の造形が光と影で現れる。その他、アブシンベル、マチュピチュ、アンコールワットなど…、太古の遺跡に刻まれた光の彫刻は、今年も静か時を知らせています。

彼岸は悠久から続く人と地球の営みを感じることのできる一年の中でのマジックアワーのようです。何かと慌ただしい現代ですが、ふと立ち止まって夕日を眺める時間が持てたら素敵ですね。

来週からは夜が長くなり、まもなく下半期を迎えます。

半期を締めくくりながら、地球暦で来春までの時空を眺めてみてはいかがでしょう。

 


 

 

【新発売 音楽CD】地球暦×akira ∞ ikeda aka Aki-Ra Sunrise バージョン
秋分 9月22日発売!先行予約受付中

 

地球暦カレンダー+CDセット 限定 50set ¥4,400

CDのみ直筆サイン入り ¥ 3,300

地球暦CD+月BOOK&CDセット限定 20set  ¥8,800

 

 

2020年を音像描写した地球暦の音楽作品シリーズ最新作!

本シリーズは2012年の金星の日面通過からはじまったアートプロジェクト「feel art helios」から誕生し、金星との8年周期が結びを迎える2020年を記念し、
akira ∞ ikeda 氏とのコラボレーションのCDアルバムを秋分にリリースいたします。動画では四半期ごと公開しておりますが、CD音源はよりブラッシュアップし、1年を1曲として完成させました。ぜひ全編をお楽しみください!

The Time, Now 2020 / AKIRA∞IKEDA 【第2四半期】

 

 

 

The Time, Now 2020 / AKIRA∞IKEDA 【第1四半期】

 

 

CREDITS:

All songs written and arranged by akira ∞ ikeda aka Aki-Ra Sunrise
Recorded and Mixed by akira ∞ ikeda aka Aki-Ra Sunrise
Mastered by akira ∞ ikeda aka Aki-Ra Sunrise

Concept designed by Kaichi Sugiyama (HELIO COMPASS)

Video Editor : Kazunori Kawamura
Programmer : Yohei Kajiwara

www.akira8ikeda.com

The Time, Now 2020

The Time, Now 2020 / HIROKI OKANO

 

 

CREDITS:

All songs written and arranged by Hiroki Okano
Natural sound designed by Hiroki Okano
Recorded and Mixed by Hiroki Okano
Mastered by Hiroki Okano
Concept designed by Kaichi Sugiyama (HELIO COMPASS)
Additional musician: MIWAFUKU. TeN. JunkoOkano
Thanks to HIROAKI. ISAO SUDO

Video Editor : Kazunori Kawamura
Programmer : Yohei Kajiwara

 

 

今から、ここから、地球暦!

お申込みこちら

 

 

Related articles