EVENT & NEWS

【TIMES】2021年05月01日 八十八夜 The 88th Night from Birth of Spring

【TIMES】2021/05/01 八十八夜
The 88th Night from Birth of Spring

地球暦が雑節のひとつ「八十八夜」をお知らせします。
Spring rain helps grain grow. Everything should be ready to go into fruitful summer days.

 

大地の脈動を肌で感じる春の土用。生い茂る植物の呼吸によって野山には草いきれが漂い、新緑の光合成でフレッシュな酸素が満ち、みずみずしい生命力が「張る」、春の季節の総仕上げです。

雑節のひとつ「八十八夜」は、立春から数えて88日目の節目

春の終わりのこの時期は、「八十八夜の別れ霜」など遅霜や寒の戻りなどの心配が薄れて、農家では田の苗代作りや畑作物の種まきの目安とされてきました。きゅうりやナスなど夏野菜、これから家庭菜園が楽しみな季節!

また八十八夜を過ぎると海も穏やかになり、アジやカツオなど初夏から魚の旬も切り替わっていきます。「八十八夜」は江戸時代から取り入れられた日本独自の暦注ですが、今でも農業・漁業ともに生活に根付いた節目になっています。

また立春から何日目と数える節目に「二百十日」という雑節もあり、八十八夜とは対象的に天候が荒れる厄日とされていました。

 

『茶摘み』の歌詞にも〈♪夏も近づく八十八夜 野にも山にも若葉が茂る♪〉とあるとおり、この時期はお茶の収穫の目安。北半球は新緑に覆われ。春の最後と夏のはじまりの交差点で入り交じる気が、次の季節を予感させています。

土用期間もあと少しですね!季節の変化に合わせて、夏を迎える準備を心がけていきましょう。

暮らし方の工夫についてはこちらをご参考に♪

春夏秋冬 土用で暮らす /  春の土用

 

 

 長野県佐久。田んぼに水が張られ毎晩カエルの大合唱。

一斉に咲き始める花々と新緑と…光溢れる季節。

ローカル七十二候マラソンランナー 撮影/Eriko Tanaka

 

 

太陽系時空間地図 地球暦、音楽シリーズ

[ The Time, Now ] 2021

5月21日 CDリリース Coming soon☆☆

 

『EMERGENCE FROM AWAI』

太陽系時空間地図 地球暦、音楽シリーズ [ The Time, Now ] 2021年バージョン!
日本を代表するアンビエントアーティスト、岡野弘幹とのコラボレーション第五作目。
フィーチャリングにAKIRA  IKEDA を迎え、壮大な一年の物語が誕生しました。

 

“空間(宇)と時間(宙)が織りなす太陽系交響楽が聞こえるようだ!”
ー 佐治晴夫博士(理論物理学者・数理芸術学 提唱者)

 

 

 

春の土用から、夏のはじまりまで時空間情報

29 | 2021.04.17 土用 3:54 / 金星と天王星の結び
30 | 2021.04.18
31 | 2021.04.19 水星と地球の開き
32 | 2021.04.20 穀雨 5:33 / 上弦 15:59
33 | 2021.04.21 水星と天王星の結び
34 | 2021.04.22 水星と金星の結び
35 | 2021.04.23
36 | 2021.04.24
37 | 2021.04.25
38 | 2021.04.26
39 | 2021.04.27 満月 12:32
40 | 2021.04.28
41 | 2021.04.29 昭和の日
42 | 2021.04.30
43 | 2021.05.01 八十八夜 / 地球と天王星の開き
44 | 2021.05.02
45 | 2021.05.03 憲法記念日 / 水星と冥王星の開き
46 | 2021.05.04 みどりの日 / 下弦 4:50
47 | 2021.05.05 立夏 15:47 こどもの日 / 水星と土星の開き / 水星と火星の結び

 

 

土用期間にはじめてみよう

太陽系からの地球生活

お申込みこちら

 

 

 

 

 

Related articles