EVENT & NEWS

【NEW RELEASE】音楽映像作品 The Time Now, 2019[第2四半期]2019.06.22 夏至 – 2019.09.23 秋分

The Time Now, 2019

アンビエントバージョン Interplanetary Garden

規則正しく時を刻む暦のタイムテーブルは、音楽の譜面のようなものかもしれない。もし地球暦の円盤にピンを打つように、一年のレコード盤に針を落としたらどんな音が聞こえるだろうか…

そんな着想から時空間の音像描写を楽曲制作し、早いもので今年で5年目。毎年、春分から四半期ごとお届けしている音楽映像作品、この度2019年版の「第2四半期」をNEWリリースいたしました!

チリンという鈴の音が深夜で一日を区切り、二十四節気、朔弦望など地球暦のさまざまな天文現象が音で描写されています。また惑星の会合はそれぞれの公転周期と倍音共鳴した周波数同士のうねる音を加えたサイマティクスサウンド。カエルやセミ、雨や風などの環境音はすべて実際のフィールドレコーディングです。特に今回の「落雷の音」は奇跡的な状況で収録されました。エピソードは下記アルバム紹介にて。

太陽系時空間地図 地球暦、音楽シリーズ [ The Time, Now ] 2019年バージョン!
日本を代表するアンビエントアーティスト、岡野弘幹氏とのコラボレーション第三作目。
雄大な惑星たちの周波数と環境音が奏でる壮大な一年の物語をお楽しみください♪

“空間(宇)と時間(宙)が織りなす太陽系交響楽が聞こえるようだ!”
ー 佐治晴夫博士(理論物理学者・数理芸術学 提唱者)

この楽曲はアメリカDOMOレコードより世界配信されています。
題名の『Interplanetary Garden』は、惑星と惑星の間、その宇宙空間に浮遊する響きの時空感庭園
そこに吹く風、花の香り、星々の囁きを感じていただけたらと思います。52分の太陽系の旅!どうぞお楽しみください!

DOMOレコード ダウンロードはこちらから
Domo Store


【アルバム紹介】

岡野弘幹と地球暦とのコラボレーションにより生まれた本作は、太陽系の運行を壮大な譜面に見立て、約52分で地球号の1年を音像描写するという、これまでの音楽表現にない型破りなコンセプトを、見事に昇華した形となった。52分の中には、春夏秋冬や四半期、二十四節気や朔弦望など、暦の要素が秒単位でフレームとなっており、宇宙の輪郭を正確に音でなぞって1年を浮き彫りにする作業は、音楽の持つ時の空間性に対する挑戦だったように思う。それは禅僧が限られた空間に宇宙を転写して禅の庭を作ることに似ている。
奇遇にも、岡野氏は今回の制作期間にインドの聖地アルナーチャラの大祭に招かれ巡礼の旅をしている。また奉納演奏で訪れた数千年前に建造された寺院群の中の、ナインプラネットテンプルと呼ばれる太陽系の天体を象徴している寺院も巡礼したという。古来、宇宙への探求は数学、語学や音楽などすべての学問のもとであり、信仰を含めて生活の基盤であった。護摩焚きをしながら祈る盛大な祭典の期間中に、アルナーチャラの一帯が停電するという瞬間に遭遇した岡野氏。雑踏が消えて町が静寂に包まれたその瞬間に機材を構え奇跡的に録音した雷の音が、楽曲の中でも印象的に季節を告げている。
様々な地球の命の響き、水の音、風の音、その空間に流れる音楽。
太陽系を俯瞰し地球の息吹を感じながらゆったりと時に身をまかせ、耳を傾けてほしい。禅の庭にただ座るように…

HELIO COMPASS 杉山開知


Interplanetary Garden

HIROKI OKANO 
This composition was crafted through the collaboration between HELIO COMPASS and Hiroki Okano, Japan’s leading ambient music composer. In this 52-minute musical piece, the one-year movement of the entire solar system is likened to a grand musical score and the year-long revolution of planet Earth is represented. This unconventional idea has taken shape as this impeccable rendition. The whole composition features an assortment of sounds every few seconds. Each and every sound perfectly coincides with this year’s astronomical events, such as the 24 seasonal divisions and the moon phases, as well as major seasonal points on calendar. Rendering the representation of one Earth year using sounds is a completely novel attempt to convey the concept of extensive time and space that resides in music. It seems the same as a Zen monk designing a Zen garden by creating a microcosmic image of the universe in a very small space. 
Incidentally, Hiroki Okano was invited to the grand festival of Arunachala Hill, a holy place in India, and made a pilgrimage there in the midst of production. He visited several thousands-of-years-old temples to dedicate his musical performances. Some of these temples are called Navagraha temples, or also dubbed “the nine planet temples.” These separate temples enshrine nine deities respectively, each of which symbolizes major celestial bodies in the solar system. From ancient times in India, a fascination with the universe led people to delve into other studies such as mathematics, languages, and music. This spirit also built the fundamental wisdom of their lives, just as their religions did. During the festive highlight when sacred sticks were burnt and people offered prayers, Hiroki experienced the instant the whole area of Arunachala Hill was plunged into darkness due to a power outage. In that moment when the bustle vanished and complete silence embraced the entire town, he set up his equipment and tried recording. The sound of thunder that he miraculously captured at that time impressively heralds the season in this composition. 
Varied ambient sounds, including resonance of life on Earth, sounds of flowing water and whispering wind, harmonize with the musical passages. Take your time to unwind, simply listen to the music and sense the vibrations of Earth, visualizing the solar system, just as if you were sitting on the floor in front of a Zen garden.

http://www.okano-hiroki.com
Hiroki Okano youtube
Hiroki Okano facebook 

TRACKLIST:
01 Nirvana Westerly—Spring (涅槃西風 ~春)
02 Peaked Clouds—Summer (雲の峰 ~夏)
03 Starry Night—Autumn (星月夜 ~秋)
04 Divine Westerly—Winter (神聖な西風~冬)

HELIO COMPASS is a circular calendar, while simultaneously acting as a time- space map of the solar system. Set with the Sun as the center of the calendar, HELIO COMPASS represents each orbit of the nine planets on a scale of 1:1,000,000,000,000. Through the observation of the one-year revolution of Earth, we can locate our current position in the solar system. HELIO COMPASS is an unconventional style of calendar, starting on the day of the Vernal Equinox, which provides an innovative perspective that can be shared with all life on Earth.
www.heliostera.com

CREDITS:
All songs written and arranged by Hiroki Okano
Natural sound designed by Hiroki Okano
Recorded and Mixed by Hiroki Okano
Mastered by Hiroki Okano
Concept designed by Kaichi Sugiyama (HELIO COMPASS)
Additional musician: MIWAFUKU

 

 

The Time Now, XX19 / Reiwa-01

 スピンオフ作品のヒップホップバージョンも合わせてお楽しみ下さい♫

太陽系時空間地図 地球暦 HELIO COMPASS の音楽作品シリーズ 「The Time Now」ヒップホップバージョン

2019年版(0度 春分はじまり)の1年を、地球の動きに合わせて、1日(昼夜)=8ビート(2小節)、365日=730小節で綴った「音で聞く地球の暦」。太陽系の惑星たちの会合(結びと開き)は本年95回。惑星の音階、月の旋律、宇宙を駆け抜けるXX19年の時空間をお楽しみください♪

SPACE TIME MAP of the Solar System Music work series of the HELIO COMPASS “The Time Now”
The Spin-off Release of the Hip Hop version “Reiwa-01” in line with the milestone of JAPAN’s first year! !

The ovement of the solar system was traced to the beat of the EARTH, and the sound image of one year of the HELIO COMPASS 2019 edition (the beginning of the Vernal Equinox) was depicted in 30 minutes.
Please enjoy the scale of the Planet, the melody of the Moon, and the Space and Time of XX19 running through the Universe ♪

Inventor : Kaichi Sugiyama
Composor : Takatsuki
Piano : Chizuru Omae
Artists : Hisomi-TNP
Video Editor : Kazunori Kawamura
Programmer : Yohei Kajiwara

2017年冬、愛知県の安城市文化センタープラネタリウムに地球暦をコンセプトにしたエントランスフロア「HELIO COMPASS」がオープンしました。こちらは最先端機材によるドーム投影で、子供はもちろん大人向けの番組コンテンツもキュレーションされ、星空の生解説も大人気のプラネタリウム。今年の夏はサンゴをテーマにしたリーフという作品が上映されています。太陽系を1兆分の1のスケールでデザインしたエントランスフロアのホワイエ空間では音楽映像作品「The Time Now,2019」 版も常設で展示されています。お近くの方、また機会のある方、ぜひ一度足を運んでみてくださいね☆彡

安城市文化センタープラネタリウム情報はこちらから

Related articles