EVENT & NEWS

【NEW RELEASE】音楽作品 The Time, Now 2020[第2四半期]2020.6.21 夏至 – 2020.09.22 秋分

The Time Now, 2020

アンビエントバージョン QUANTUM LEAP BREEZE 

規則正しく時を刻む暦のタイムテーブルは、音楽の譜面のようなものかもしれない。もし地球暦の円盤にピンを打つように、一年のレコード盤に針を落としたらどんな音が聞こえるだろうか…

そんな着想から時空間の音像描写を楽曲制作し、早いもので今年で8年目。毎年、春分から四半期ごとお届けしている音楽映像作品、この度2020年版の「第2四半期」をNEWリリースいたしました!

 

太陽系時空間地図 地球暦、音楽シリーズ [ The Time, Now ] 2020年バージョン!
日本を代表するアンビエントアーティスト、岡野弘幹氏とのコラボレーション第三作目。
雄大な惑星たちの周波数と環境音が奏でる壮大な一年の物語をお楽しみください♪

“空間(宇)と時間(宙)が織りなす太陽系交響楽が聞こえるようだ!”
ー 佐治晴夫博士(理論物理学者・数理芸術学 提唱者)

 


楽曲のダウンロードはこちらまで

Apple Music/iTunes
Spotify
Amazon
Domo Records

CDのお求めは地球暦サイトまで

The Time, Now 2020 ¥3,300

地球暦カレンダーセット【6月発送商品】¥ 5,800


 

 

【アルバム紹介】

太陽系の運行を壮大な譜面に見立てて1年を音像描写するという、これまでの音楽表現にないコンセプトである本シリーズにおいて、今回は2020年の時空感を見事に描ききったメモリアルな作品となった。楽曲は1年を1枚のCDに入るように時空を圧縮している。秒単位で暦要素を枠組みし、惑星の動きを追いかけながら宇宙の輪郭を音で浮き彫りにする作業は、まるで音楽を通じて時空を共鳴させるようなシャーマニックな体験だった。本シリーズを手掛けた音楽家 岡野弘幹氏とは4作目のコラボレーションとなる。これまで岡野氏が収集した民族楽器はスタジオを埋め尽くすほど多岐にわたり、本作も全編にわたり作曲と演奏、サウンドデザインをしている。今回はアイリッシュのフルート、ギリシャの弦楽器ブズーキ、そして多彩なアナログ・シンセサイザーが使われている。岡野氏が70年代から半世紀にかけて収集してきた機材をリペアし、これを機に蘇った貴重な音色は、デジタルサウンドだけでは表現できない時の奥行きを、実に美しく壮大に描いてくれた。世界各地でフィールドレコーディングした環境音の中は、イタリア・フローレンスの鐘と、パリのノートルダムのそばにあるセーヌ川に浮かぶシテ島の教会の鐘の音がセレクトされている。自然災害やウイルスなどの厄災、政治や経済の緊張など、世界的な転換点となっている2020年だが、宇宙規模で地球人類がひとつの生命体として共鳴していく未来に希望を託し、本作を送り出したいと思う。

HELIO COMPASS 杉山開知


Quantum Leap Breeze

Music For Helio Compass 2020 is a 50-minute grand musical score by Hiroki Okano.

Helio Compass has collaborated with Hiroki Okano, Japan’s leading ambient music composer, to craft this unconventional series of musical pieces. Through this project, the one-year movement of the entire solar system has been rendered to a grand musical score. The 2020 version, the fourth collaboration with Okano, remarkably represents the phase of the present time and space. The entire composition features an arrangement of sounds every few seconds. Each and every sound perfectly coincides with this year’s astronomical events, such as the 24 seasonal divisions and the moon phases, as well as major seasonal points on the calendar. The process of tracing the movement of each planet and transforming it into musical expression can be described as a shamanic experience which makes the music resonate with the sense of time and space.

Okano worked on composing the entire soundtrack and performed all the instruments, including the Irish flute, the Greek string instrument, bouzouki, and multiple analogue synthesizers. These are only a small part of Okano’s extensive collection of folk instruments which occupy almost his entire studio. In addition, Okano acquired some of these old instruments in the 1970s, repaired them and has cherished ever since. These vintage instruments sounded so beautiful that they amplified the effect of the complete composition to vividly express the depth of time, which could not be fully achieved digitally. Okano captured varied ambient sounds through field recordings across the world, including the sounds of bells resounding in Florence, Italy and those of a church located in Île de la Cité, a tiny island in the Seine close to Notre-Dame, Paris.

From the beginning of the year 2020, we have been facing unprecedented challenges, such as natural disaster, the coronavirus crisis, and political and economic tensions. It is certain that these moments will be a major turning point globally. We are pleased to release this new musical piece, envisioning our new future in which humans will work in cooperation on this planet, in our universe.

 


CREDITS:

All songs written and arranged by Hiroki Okano
Natural sound designed by Hiroki Okano
Natural sound recorded by Hiroki Okano, Satoru Nakada, Miwafuku
Recorded and Mixed by Hiroki Okano
Mastered by Hiroki Okano, Daichi Yuhara (Studio You)
Concept designed by Kaichi Sugiyama (Helio Compass)
Additional Musician: Miwafuku, TeN, Junko Okano
Illustrated & Designed by Emi Sugiyama
Translator by Sayako Kidokoro (Trunk)  

Video Editor : Kazunori Kawamura
Programmer : Yohei Kajiwara

http://www.okano-hiroki.com
Hiroki Okano youtube
Hiroki Okano facebook 
Apple Music/iTunes
Spotify
Amazon
Domo Records

 


HELIO COMPASS is a circular calendar, while simultaneously acting as a time- space map of the solar system. Set with the Sun as the center of the calendar, HELIO COMPASS represents each orbit of the nine planets on a scale of 1:1,000,000,000,000. Through the observation of the one-year revolution of Earth, we can locate our current position in the solar system. HELIO COMPASS is an unconventional style of calendar, starting on the day of the Vernal Equinox, which provides an innovative perspective that can be shared with all life on Earth.
www.heliostera.com

 

2017年冬、愛知県の安城市文化センタープラネタリウムに地球暦をコンセプトにしたエントランスフロア「HELIO COMPASS」がオープンしました。こちらは最先端機材によるドーム投影で、子供はもちろん大人向けの番組コンテンツもキュレーションされ、星空の生解説も大人気のプラネタリウム。今年の夏はサンゴをテーマにしたリーフという作品が上映されています。太陽系を1兆分の1のスケールでデザインしたエントランスフロアのホワイエ空間では音楽映像作品「The Time Now,2019」 版も常設で展示されています。お近くの方、また機会のある方、ぜひ一度足を運んでみてくださいね☆彡

安城市文化センタープラネタリウム情報はこちらから

 

Related articles