EVENT & NEWS

【TIMES】2018/01/31 22:27 師走 望 12th Full Moon

【TIMES】2018/01/31 22:27 師走 望
皆既月食 Total Lunar Eclipse (全国で観測可)
旧十二月 12th Full Moon / 晩冬 Late Winter

地球暦が朔弦望の「師走の満月(皆既月食)」をお知らせします。

The twelfth Full Moon of the lunar year falls on January 12th, occurring at its second closest point from the Earth is its orbit. It is also a blue moon—the second of two full moons in one calendar month.

旧暦で十二番目の満月となる「晩冬」の月が満ちてきました。

旧暦の1年(12ヵ月)を締めくくる最後の満月は、先月のスーパームーンに続く今年2番目に大きなお月さま。今回は地球の影にすっぽり隠れる皆既月食を日本全国で見ることができます。19時50分ごろから半影がゆっくりと月を食し始めて、22時30分頃の最大になる頃には、普段見ることのできない神秘的な赤銅色の「赤い満月」が夜空に出現します。時間帯も条件も観測には絶好のチャンス!

今回は、欠け始めて地球の影に月がすっぽり入り、欠け終わるまで3時間以上ありますから、ゆっくり月食を楽しむことができます。

今月は1月に2回の満月が訪れるブルームーン、そして月はレッドムーン、大きさは(2番目の)スーパームーンと、スペシャル感が満載です◎

In addition, a total lunar eclipse takes place! During the total eclipse, the moon will look red. Appreciate the Super Blue reddish moon eclipse in the crisp winter air.

旧暦では、この満月から新月へ向かう2週間が“行く年・来る年”の年末期間。次の新月2月16日は旧暦の正月元旦(春節祭)です。土用も深まり春をカウントダウンするようなお月さま。きっと昔はこの師走の月を眺めながら年忘れの忘年会をしていたのでしょうね。大掃除もお歳暮も、お年賀も初詣も、本来の正月の行事はここからがはじまり!

元旦がもう一度来るなんて不思議ですが、日本をはじめとしたアジアには、太陽暦と太陰暦の新旧2つの暦が存在し文化風習の中に溶け込んでいます。温故知新の時を感じながら、師走の満月を家族やお友達と一緒に眺めてみてはいかがでしょうか。

[太陽系時空間地図 地球暦オフィシャルサイト]
http://www.heliostera.com

2018年版 地球暦、日本語版・英語版、好評発売中!
💿音楽CD「The Time, Now 2018」先行予約 送料無料
地球暦リリースイベントツアー(全国8ヶ所)開催中!
🌙全国取扱店の申込みも承っております。詳しくはHPにて。

Related articles