EVENT & NEWS

【TIMES】2021年6月21日 12時32分 夏至 Summer Solstice

2021/06/21

祝 夏至の日

 Happy Summer Solstice !

 

地球暦ユーザーからの一枚   photo : 杉山元康 / 立山黒部アルペンルート

 


 

【TIMES】2021/06/21 12:32
夏至(げし)Summer Solstice
地心黄経90度、日心黄経270度

地球暦が二十四節気のひとつ「夏至」をお知らせします。
Longest day of the year.

光が満ちる「夏至」の日。

太陽から8分19秒で到達した光は、地球の北回帰線(北緯23.4度)に降り注ぎ、北半球では北に行くほど昼が長く、北極圏(北緯66.6度)では眠ることのない夜、“白夜”を迎えています。ユーラシア大陸に広大に広がるツンドラ森林地帯では24時間体制で植物たちが光合成し、酸素濃度の上昇とともに、地球全体が深い深呼吸をしているようです。

今、南と北で二極化した、光と影が、片寄り切り、シーソーのバランスがこの瞬間に静かに動いています。


 

2021年 夏至の時刻は
6月21日12時32分(JST)

夏至とは、春分から太陽が天球上を90°移動した時。
言い換えれば、地球がちょうど一年の軌道を1/4めぐり、
春分の瞬間から92日と17時間55分が経過した地点。
夏至の時刻、特別な瞬間を感じてみて下さい。

 


 

本日より
第二四半期のはじまり

NEW RELEASE 地球暦 時空間音楽

 


 

南中高度と昼の時間
Meridian altitude and Daylight Time

ここ数日は、太陽がもっとも高く、影が短いとき。

日中の太陽を見上げてみると頭のほぼ真上に、また影は足元で小さくなり、等身大の影法師日時計からも、太陽と地球の壮大な時を感じることができます。窓辺や、縁側などで、どれくらい日差しが差し込んでいるのか確かめてみたり、ビルや建物と影の関係など、ぜひ身近な場所で太陽の光の動きを見てみましょう。

 


南中高度

太陽が真南でもっとも高く上がったとき、“地平線と太陽との間の角度”を『南中高度』といいます。
南中高度は場所によって異なりますが、緯度がわかれば簡単に計算することができます。

太陽の南中高度 = 90° −(その場所の緯度)± 23.4°

例 : 東京

春分秋分は、90°-北緯35.65°で、54.35度となります。

夏至は、23.4°を足して、77.75°となります。
冬至は、23.4°を引いて、30.95°となります。

※23.4°は地球の地軸の傾き

 

昼の時間

昼と夜の時間は、場所によってかなりの差があり、夏至は北に行けば行くほど昼が長く、冬至は南に行くほど昼が長くなります。

夏至のとき、太陽は一年でいちばん北側の東からのぼり、太陽はもっとも高く昇り、いちばん北側の西に沈みます。そのことによって夏至の太陽は、年間で最大の滞空時間となり、昼が長く、夜が短くなります。

全国平均では、夏至と冬至の日照時間の差は5時間くらい。実に長編映画2本分も昼の長さが変わります。

■ SAPPRO
夏至 | 日の出 03:55 | 日の入 19:18 | 昼間 15 h 23 m
冬至 | 日の出 07:03 | 日の入 16:03 | 昼間 09 h 00 m

■ TOKYO
夏至 | 日の出 04:25 | 日の入 19:00 | 昼間 14 h 35 m
冬至 | 日の出 06:47 | 日の入 16:31 | 昼間 09 h 44 m

■ OSAKA
夏至 |日の出 04:45 | 日の入 19:14 | 昼間 14 h 29 m
冬至 | 日の出 07:01 | 日の入 16:51 | 昼間 09 h 50 m

■ FUKUOKA
夏至 | 日の出 05:09 | 日の入 19:32 | 昼間 14 h 22 m
冬至 | 日の出 07:19 | 日の入 17:14 | 昼間 09 h 55 m

■ OKINAWA
夏至 | 日の出 05:38 | 日の入 19:25 | 昼間 13 h 46 m
冬至 | 日の出 07:12 | 日の入 17:42 | 昼間 10 h 30 m

夏至 | 約 14 h  50 m
冬至 | 約 09 h 45 m

 


 

夏至のご来光リレー
Summer Solstice Sunrise Relay

春分と秋分は、世界中のどこから見ても、太陽が真東が昇ります。
それに対して、夏至は、その土地でもっとも北側から、冬至はもっとも南側から昇ってきます。
年間かけて、東を中心に地平線を振り子のように動いていく、ご来光をつかまえてみましょう!

参考 国立天文台 各地のこよみ

 


 

地球号の車窓から

いま夏至の地球から見て、太陽の向こう側にある方向が、反対の「冬至」ですから、半年先に半周した私たちは向こう岸に立ち、あちらからこちらを見ていることになります。

【写真 : 地球暦の掲示例】

地球暦をお持ちの方は、太陽系からの時空間を確かめて見て下さい。
二度とない「今ここ」は、未来と過去の交差点。

 

 


 

夏至から小暑までの時空間情報
Time-Space information

第2四半期(93日間)

94 | 2021.06.21 夏至 12:32
95 | 2021.06.22 金星と火星の結び
96 | 2021.06.23 水星と冥王星の結び
97 | 2021.06.24
98 | 2021.06.25 皐月満月 3:40
99 | 2021.06.26
100 | 2021.06.27 水星と土星の結び
101 | 2021.06.28
102 | 2021.06.29
103 | 2021.06.30
104 | 2021.07.01 水星と木星の結び
105 | 2021.07.02 半夏生 0:15 皐月下弦 6:11
106 | 2021.07.03
107 | 2021.07.04 水星と火星の開き
108 | 2021.07.05
109 | 2021.07.06 遠日点 11:59
110 | 2021.07.07 小暑 6:05 / 金星と海王星の開き

 

 


 

 

 

太陽が静止するとき

 

夏に至ると書く「夏至」は、北半球の光の量がピークに至る地点。春分から90度経過した仲夏の半ばで、一年を一日にたとえると、ちょうど正午にあたります。

正午の「正」の字は解字すれば「一」と「止」。正午は午前中の出来事が終わり、午後がはじまるように、夏至は光が増長から減衰へと切り替わるピリオドのような瞬間
Solsticeは太陽(sol)が静止している(sistere)という意味。地球号が至点を通過する時、日の出入り・南中高度など太陽の変化は数日間止まって見える。大きな船が舵を切ってもゆっくりとしか旋回できないように。

今、全てが Slow and Steady(船舶用語ゆっくりそのまま=ようそろ)

 

 


 

 

[土御門歳時記より]

夏至 九〇度

純陽 極まって一陽 地下に生ず。

此の日 雷ある夏は 三伏 涼しと云う。


 

[七十二侯]夏至の候

初候 | 乃東枯(なつかれくさかるる)夏枯草が枯れる

次候 | 菖蒲華(あやめはなさく) あやめの花が咲く

末候 | 半夏生(はんげしょうず)烏柄杓が生える

 

七十二候を参考に地域に合わせた自分の歳時記を作ってみましょう!

夏至からのエントリー 🌏🏃 🏃 ローカル七十二候マラソン 🏃 🏃🌏

 

 


 

 

 

[夏至からの目度]

ーただいま90度ー
この度、夏至
2021/6/21

 

30度後 | 大暑 2021/7/22
45度後 | 立秋 2021/8/07
60度後 | 処暑 2021/8/23
90度後 | 秋分 2021/9/23
120度後 | 霜降 2021/10/23
180度後 | 冬至 2021/12/22
240度後 | 雨水 2022/2/19
270度後 | 春分 2022/3/21

 


たべるとくらしの地球暦  / 畑の日記

湘南を中心に“はぐくむ たべる あそぶ まなぶ”を通して、be organic.な人、社会、地球をつなぐ「湘南オーガニック協議会」
オーガニックタウン構想や、サステナブル・アグリカルチャー・スクール、遊ぶ事業、畑作りから宅配まで手掛ける、(株)いかすの畑の日記から地球の今ここをお知らせします。

 

 

この時期に思い浮かぶのは、一年でもっとも光の多い日であると同時に、ここから、短日方向に向かうので、いよいよ秋大豆型の品種のまき時期だなーということ。 よく、在来の大豆のたねをもらって、早生の枝豆の品種と一緒にまいたら、木ばっかり育って、身がならなかったということがあるんだけど、 本来、大豆は、短日性の植物で、昔の品種や在来の丹波の黒豆やだだちゃ豆などは、こちらの秋大豆型。

ビールの消費量の増加にともなって、夏になる前から枝豆を食べる食習慣が増加したことによって、夏大豆型の品種が登場した。 花成が日長にほとんど支配されず、温度に反応して花をつけるタイプの夏大豆の品種が開発されて、枝豆が幅広い時期にビールのお友として登場したわけだが、 いよいよ、夏至に近づき、秋大豆型の栽培の始りをお知らせする合図を感じているなーという印象ですね。

テキスト : アースケアテイカー内田達也 / 株式会社いかす

 


時空間 ♨ 極楽語

鎌倉、極楽カリー店主 竹迫順平さんが放つ極楽語ワールドの中から、キラッと輝くエッセンスを厳選して毎回一極楽をお届けします!

 

© 極楽語 極楽カリー

 

 

 


 

HELIO COMPASS CANDLENIGHT
夏至×キャンドルナイト

photo : Takaomi Nakayama

夏至、全国でキャンドルナイトなど、灯りをともして光を感じるイベントが行われていますが、昼の長さとともに短い夜を味わうのもまた一興。それぞれ地域、家庭の中で特別な一日として夏至祭の過ごし方を工夫してみるのも素敵ですね。


 

【地球暦時空間映像】
Nature Good Mode × HELIO COMPASS

 

ある地球の定点から、その瞬間の刻々と移りゆく自然の風景を、額縁のように切り取ったNature Good Modeの時空間映像。2021年より地球暦とコラボレーションしながら、めぐる時とともに第3惑星地球の時空間を美しい映像で綴っていきたいと思います。

[自然音と4K映像] 超満月皆既月食日の早朝(京丹波)/2021.05.26

撮影現場は京都府京丹波。この日は、2021年の中で地球に最も近い満月と皆既月食が見られるという特別な一日。その日の早朝は、深い藍色から柑橘色が混ざり、陽が登り始めると赤みを帯びた桜色が見事に空に溶け込んだ。夕刻が時空を越えて朝にやって来たような奇跡的な時間。本日の主役である皆既月食を寿ぐ祝祭美に身体の細部まで圧倒された。

▷Location ​Data:
緯度経度: 35° 12′ 4″N / 135° 25′ 37″E
標高: 162m / 気温: 13.4℃ / 湿度: 52%
時空間: 2021.05.26. 04:30〜05:16 AM

 

 

 


発酵の宴 寺田本家の夏至

酒米を地元の農家さんや、自分たちで育てて酒造りをしている寺田本家さん。今年は田植え会や草取り会が休止となり、今の季節や田んぼの雰囲気を感じていただくオンラインイベントを開催。この時期だからこそ逆境を活かして、時空ともに縁を醸していけたらいいですよね!詳細は画像をクリック!(現在キャンセル待ち)

 

寺田本家×地球暦

 


 

夏至は雨期の真ん中ですから、体感的には夏本番という感じはしませんが、一年草(稲、トウモロコシ、大豆、コスモス、菊、朝顔、麻など)の短日植物はここから光の量が少なくなることを感じて成長期から開花期へと変容をはじめていきます。身近な田んぼでも夏至を合図に日ごとに稲の姿が変わり目が離せません。自然農などでは雑草の成長に追いかけられながら一番忙しい時期。ここを乗り切ったら夏祭りまでもうすぐ!

地温、水温の上昇とともに、これから体感的な夏を迎え、陽の気が満ちて、陰性の食べ物(キュウリ、ナス、ピーマン、トマト)がおいしく感じる季節。料理に旬を取り入れて夏を感じてみてはいかがでしょう。

 

 

四季dancyu おいしい手帖[綴込付録]

 

四季dancyu おいしい手帖
いつもの料理が、もっとおいしくなる本
季節を楽しむ暦ごはん (植松良枝・冨田貴史さん)
綴込付録には地球暦の図案も使われております。

 


 

太陽系時空間地図 地球暦、音楽シリーズ

[ The Time, Now ] 2021

☆大好評販売中☆

 

『EMERGENCE FROM AWAI』

太陽系時空間地図 地球暦、音楽シリーズ [ The Time, Now ] 2021年バージョン!
日本を代表するアンビエントアーティスト、岡野弘幹とのコラボレーション第五作目。
フィーチャリングにAKIRA  IKEDA を迎え、壮大な一年の物語が誕生しました。

 

“空間(宇)と時間(宙)が織りなす太陽系交響楽が聞こえるようだ!”
ー 佐治晴夫博士(理論物理学者・数理芸術学 提唱者)

 


【NEW RELEASE 夏至】

本日、第二四半期 映像公開スタート! 

 

 

太陽系の運行を壮大な譜面に見立てて1年を音像描写した本シリーズも、岡野弘幹氏とは5作目のコラボレーションとなる。昨年アメリカDOMOレコードからリリースされた『Quantum Leap Breeze』のアルバムは、約50分という大作であるにも関わらず、全米ラジオで全編放送されるなど大きな反響を呼んだ。またイギリスではアンビエントチャートで13位となり、本シリーズが新しい音楽の世界を切り開きつつあることを嬉しく思う。
この楽曲は1年365日を秒単位で天文情報をタイムラインにし、二十四節気、朔弦望、惑星会合など、太陽や月や惑星の動きをさまざまな音で表現している。スタートは春分からはじまり、曲の半分で秋分を迎え、再び春に戻ってくる。それはあたかも一呼吸に一生が感覚されるように、1枚のCDに大きな時空が詰め込まれている。

本シリーズでは、昨年『ZERO POINT』でコラボレーションしたAKIRA∞IKEDA氏がフィーチャリングとして参加し、互いの才能が音の間でまさに『あわい』を見出したような作品が完成した。京都北山の鶯、屋久島の川のせせらぎ、出羽三山の虫の音、熱帯雨林のスコール、マウイ島の波の音、そして鯨の歌声など自然音の響きと2人が生み出す音楽の響きが惑星地球号の生命の息吹を感じられる作品となっている。
自然災害やウイルスなどの厄災、政治や経済の緊張など、世界的な転換点となっている2021年だが、宇宙規模で地球人類がひとつの生命体として共鳴していく未来に希望を託し、本作を送り出したいと思う。

【 CREDITS 】
Music by Hiroki Okano feat. AKIRA ∞ IKEDA
Natural sound designed by Hiroki Okano
Natural sound recorded by Hiroki Okano, AKIRA ∞ IKEDA, Satoru Nakada
& Hiroyuki Nakano
Recorded by Hiroki Okano & AKIRA ∞ IKEDA
Mixed by Hiroki Okano
Mastered by Hiroki Okano & Daichi Yuhara (studio you)
Concept designed by Kaichi Sugiyama (HELIO COMPASS)
Additional musician: Miwafuku & Junko Okano
Video Editor by Kazunori Kawamura
Programmer by Yohei Kajiwara
Illustrated & Designed by Emi Sugiyama
Translator by Sayako Kidokoro (TRUNK)
Thanks to HIROAKI. ISAO SUDO.St Giga sound Designers union.

Collaboration Partner:Ecological Memes Global Forum 2021
Emergence from AWAI : Regenerating Human-Nonhuman Relations

太陽系時空間地図 地球暦 音楽シリーズ
このCDは、2021年3月20日春分からの一年間を一曲の楽曲にしたものです。地球暦の天体位置計算をもとに、一年を忠実に縮尺再現し、地球の一年の運行を約50分で再現しています。二十四節気、朔弦望、春夏秋冬の四季の環境音など、人の心拍数や呼吸に近い速度で進行するように工夫されております。音楽で聞く時空の旅をお楽しみください。


夏至からはじめる

太陽系からの地球生活

お申込みこちら

 

 

 

 

 

Related articles