EVENT & NEWS

【TOPICS】2021年6月30日 「夏越(なごし)の祓(はら)え」

【TOPICS】2021年6月30日 「夏越(なごし)の祓(はら)え」

 「夏越の祓え」の行事は、一年を二季に折半した折り返し地点で、“前半が終わり後半がはじまる”、ハーフタイムのようなとき。

 この時期は、農業でも麦の収穫や田植えも終わることから、水や田の神を祀って手を休め、感謝と祈願のお祭りを行ってきました。また同時に、物忌み(戒慎)として、後半年へ向かって心機一転を心がけるお祓いの神事が形として残っています。 その一つ、茅の輪くぐりはもともと疫病を避けるための風習ですが、今でも多くの神社では、旧暦の6月の晦日に行われています。“8の字”で回り、輪をまたぐというおまじない的な作法には、永続的な循環の中で時の節目を刻むという深い意味が込められているようです。また形代を水に流すということも行われています。

半年分のあれこれを一度リセットしたり、水に流す機会として、夏越の祓えを意識してみてはいかがでしょうか。

ちなみに旧暦の6月水無月晦日は、8月7日立秋となります。

Related articles