EVENT & NEWS

【TIMES】2021年7月2日0時15分 半夏生 The 10th Day after Summer Solstice

2021/07/02 00:15 半夏生(はんげしょう)

The 10th Day after Summer Solstice

地心黄経100度、日心黄経280度

地球暦が雑節のひとつ「半夏生」をお知らせします。

The Earth moves 100 degrees from the Vernal Equinox.

田植えなどの農作業が一段落したことを表す節目。朝顔、菊、コスモス、稲、麻などに代表される短日植物は、日が短くなり夜が長くなることを察して、成長期から開花期へと変化していきます。日照時間はまだ10日前の夏至と変わりませんが、これから徐々に日が短くなっていきます。

私たちの一年の感覚でも、6月までは成長期でしたが、これからは開花期となり、花を咲かせて実をつける段階に入ります。先月までの仕事に区切りをつけ、新しい態勢で臨めるように環境を整えましょう。

夏至を挟んで10度の関係。入梅=夏至-10度 半夏生=夏至+10度

時空の波をつかまえる、テンカウント感覚

 

第30候、仲夏最後の候、半夏生✨ 第2四半期も滑り出した感ありますねー! 一年を一日に例えれば午後に入ったタイミング、これまでの午前のスパークリングな雰囲気から、一気に気温も地温もアクティブに!今は光と水の動きがピークですから、植物も地下部と地上部で超活性化した状態!エネルギーいっぱいの候、さぁいってみよーー🌏🏃夏至を挟んで10度手前の入梅、10度後の半夏生。雨季も終わりが見え始めてます。

ローカル七十二候マラソン 時空間を快走中🏃!!


半夏生から土用までの時空間情報

105 | 2021.07.02 半夏生 0:15 皐月下弦 6:11
106 | 2021.07.03
107 | 2021.07.04 水星と火星の開き
108 | 2021.07.05
109 | 2021.07.06 遠日点 11:59
110 | 2021.07.07 小暑 6:05 / 金星と海王星の開き
111 | 2021.07.08 水星と海王星の結び
112 | 2021.07.09 水星と金星の開き
113 | 2021.07.10 水無月新月 10:17
114 | 2021.07.11
115 | 2021.07.12
116 | 2021.07.13
117 | 2021.07.14
118 | 2021.07.15
119 | 2021.07.16
120 | 2021.07.17 水無月上弦 19:11
121 | 2021.07.18 水星と天王星の結び / 地球と冥王星の結び
122 | 2021.07.19 土用 19:59 海の日

☀まもなく 遠日点

2021 07 / 06 11:59


たべるとくらしの地球暦  / 畑の日記

湘南を中心に“はぐくむ たべる あそぶ まなぶ”を通して、be organic.な人、社会、地球をつなぐ「湘南オーガニック協議会」。オーガニックタウン構想や、サステナブル・アグリカルチャー・スクール、遊ぶ事業、畑作りから宅配まで手掛ける、(株)いかすの畑の日記から地球の今ここをお届けします。

 

梅雨の終わりにあたる「半夏生」は田植えをすませる目安とされた節目。
梅雨後半のはしばしば豪雨となったことから、半夏生に降る雨は「半夏雨」とも。

大雨 お気をつけてお過ごし下さいネ。

畑では、夏野菜 すくすく、トマトも実がたわわ。
じゃがいも、空芯菜も収穫中、じゃがいもの肌、きれいです。

梅雨の晴れ間を狙って、人参畑の準備も進めています。
この時期、冬キャベツの播種も始まります

夏野菜収穫しながら、秋冬野菜の準備。

協力 : アースケアテイカー内田達也 / 株式会社いかす

___________________________________________________

太陽系時空間地図 地球暦、音楽シリーズ

[ The Time, Now ] 2021

☆大好評販売中☆

 

『EMERGENCE FROM AWAI』

太陽系時空間地図 地球暦、音楽シリーズ [ The Time, Now ] 2021年バージョン!
日本を代表するアンビエントアーティスト、岡野弘幹とのコラボレーション第五作目。
フィーチャリングにAKIRA  IKEDA を迎え、壮大な一年の物語が誕生しました。

 

“空間(宇)と時間(宙)が織りなす太陽系交響楽が聞こえるようだ!”
ー 佐治晴夫博士(理論物理学者・数理芸術学 提唱者)

 


【NEW RELEASE 夏至】

第二四半期 映像公開スタート! 

 

 

太陽系の運行を壮大な譜面に見立てて1年を音像描写した本シリーズも、岡野弘幹氏とは5作目のコラボレーションとなる。昨年アメリカDOMOレコードからリリースされた『Quantum Leap Breeze』のアルバムは、約50分という大作であるにも関わらず、全米ラジオで全編放送されるなど大きな反響を呼んだ。またイギリスではアンビエントチャートで13位となり、本シリーズが新しい音楽の世界を切り開きつつあることを嬉しく思う。
この楽曲は1年365日を秒単位で天文情報をタイムラインにし、二十四節気、朔弦望、惑星会合など、太陽や月や惑星の動きをさまざまな音で表現している。スタートは春分からはじまり、曲の半分で秋分を迎え、再び春に戻ってくる。それはあたかも一呼吸に一生が感覚されるように、1枚のCDに大きな時空が詰め込まれている。

本シリーズでは、昨年『ZERO POINT』でコラボレーションしたAKIRA∞IKEDA氏がフィーチャリングとして参加し、互いの才能が音の間でまさに『あわい』を見出したような作品が完成した。京都北山の鶯、屋久島の川のせせらぎ、出羽三山の虫の音、熱帯雨林のスコール、マウイ島の波の音、そして鯨の歌声など自然音の響きと2人が生み出す音楽の響きが惑星地球号の生命の息吹を感じられる作品となっている。
自然災害やウイルスなどの厄災、政治や経済の緊張など、世界的な転換点となっている2021年だが、宇宙規模で地球人類がひとつの生命体として共鳴していく未来に希望を託し、本作を送り出したいと思う。

【 CREDITS 】
Music by Hiroki Okano feat. AKIRA ∞ IKEDA
Natural sound designed by Hiroki Okano
Natural sound recorded by Hiroki Okano, AKIRA ∞ IKEDA, Satoru Nakada
& Hiroyuki Nakano
Recorded by Hiroki Okano & AKIRA ∞ IKEDA
Mixed by Hiroki Okano
Mastered by Hiroki Okano & Daichi Yuhara (studio you)
Concept designed by Kaichi Sugiyama (HELIO COMPASS)
Additional musician: Miwafuku & Junko Okano
Video Editor by Kazunori Kawamura
Programmer by Yohei Kajiwara
Illustrated & Designed by Emi Sugiyama
Translator by Sayako Kidokoro (TRUNK)
Thanks to HIROAKI. ISAO SUDO.St Giga sound Designers union.

Collaboration Partner:Ecological Memes Global Forum 2021
Emergence from AWAI : Regenerating Human-Nonhuman Relations

太陽系時空間地図 地球暦 音楽シリーズ
このCDは、2021年3月20日春分からの一年間を一曲の楽曲にしたものです。地球暦の天体位置計算をもとに、一年を忠実に縮尺再現し、地球の一年の運行を約50分で再現しています。二十四節気、朔弦望、春夏秋冬の四季の環境音など、人の心拍数や呼吸に近い速度で進行するように工夫されております。音楽で聞く時空の旅をお楽しみください。

 

 


今から ここから 

地球暦!

お申込みこちら

 

 

 

 

Related articles