EVENT & NEWS

【TIMES】2021年10月8日 10時39分 寒露(かんろ)Cold Dew

【TIMES】2021/10/08 10:39

寒露(かんろ)Cold Dew

地心黄経195度、日心黄経15度

地球暦が二十四節気のひとつ「寒露」をお知らせします。

Drops of dew herald the approach of winter.

春分から195度経過した晩秋のはじまりの地点です。

寒い露と書く「寒露」は晩秋の入り口で、秋分から15度進み、下半期が一歩踏み出した地点。
秋ももう、そろそろ終盤となってきました。

一年を一日にたとえると午後7時くらい、日が沈んだ夕闇時にあたります。一日の仕事を終えて家路を辿るように、気持ちも外から内へ移っていく秋特有の心変わりを感じる季節です。夕食や団らんを楽しむように一年のゴールデンタイムをゆったり過ごしたいですね。

気温も朝夕に肌寒さを感じる日が多くなりました。北半球では徐々に温度が下がり、夏に旺盛だった植物は実を成熟させ、落葉樹も休眠期に向かって葉を紅葉させていきます。

深まりゆく晩秋の今は、農事や作事も転換のとき。

年末年始まで90度を切り、経済も冬の山場(クリスマス・年末年始)に向かって動き出しています。今年一年の体験が、経験へと蓄積される秋、少しずつ来年のイメージも湧いて来ているのではないでしょうか。

Photo:ACクリエーター herb omatsuさん


Today’s Space Flower

────────────────

惑星会合 #25 地球と火星

[779.97日周期 / 2.14年周期] 

────────────────

2021年10月08日 地球と火星の開き
2022年12月08日 地球と火星の結び
2023年11月18日 地球と火星の開き
2025年01月16日 地球と火星の結び
2026年01月09日 地球と火星の開き

地球と火星が結んで開いて。。。

地球を含めほとんどの惑星が一方向にかたまって見え、火星だけ遠くあちらの方に。印象的ですね。

夜空の上では、10月の9日、10日。6日に新月となった細い月と、金星やアンタレスの共演が楽しめます。

星々と私たち。日照時間や気温の変化から、お日さまの動きを感じたり、肌寒くなった夕刻から夜、空を見上げて月や星を想ったり。天を感じて、地に生きる。私たちは日々、このようにめぐる天の動きの中に自らも動きながら生きています。そんなつながりを感じていたいですね。

さて、寒露を過ぎると秋の陽はつるべ落としと言われるように舞台が暗転して冬の季節がやってきます。

10月20日からは土用入り。この日は満月も迎えます。秋を満喫しつつそろそろ冬支度のはじまりです。


時空間エンターテイメント『季節の波に乗ろう!』ライブ配信

鎌倉 朝食屋コバカバの店主 うっぽん(内堀敬介さん)と小松あかりさんが、節気ごとお届けしている時空間エンターテイメント!  今回は、晩秋の鎌倉から「寒露」のノリを時空指南!

ライブ配信お楽しみに⭐︎前日10/7 16:00から

(画像をクリック)

 

 

寒露から霜降までの時空間情報

203 | 2021.10.08 寒露 10:39 / 地球と火星の開き
204 | 2021.10.09 水星と火星の開き
205 | 2021.10.10 水星と地球の結び
206 | 2021.10.11
207 | 2021.10.12
208 | 2021.10.13 長月上弦 12:25
209 | 2021.10.14 重陽の節句 / 水星と天王星の結び
210 | 2021.10.15
211 | 2021.10.16 金星と木星の結び
212 | 2021.10.17
213 | 2021.10.18 十三夜
214 | 2021.10.19
215 | 2021.10.20 土用 13:26 / 長月満月 23:57
216 | 2021.10.21
217 | 2021.10.22
218 | 2021.10.23 霜降 13:51


 

寒露 一九五度

陰気 日に 増長し 寒露 降る。


[七十二侯]寒露の候

[七十二侯]寒露の候

             初候 | 鴻雁来(こうがんきたる)雁が飛来し始める

             次候 | 菊花開(きくのはなひらく)  菊の花が咲く

             末候 | 蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)蟋蟀が戸の辺りで鳴く

七十二候を参考に地域に合わせた自分の歳時記を作ってみましょう!

寒露からのエントリー ローカル七十二候マラソン

PHOTO:ACクリエーター ゆーまささん


たべるとくらしの地球暦  / 畑の日記 ‍

湘南を中心に“はぐくむ たべる あそぶ まなぶ”を通して、be organic.な人、社会、地球をつなぐ「湘南オーガニック協議会」。オーガニックタウン構想や、サステナブル・アグリカルチャー・スクール、遊ぶ事業、畑作りから宅配まで手掛ける、(株)いかすの畑の日記から地球の今ここをお届けします。

Facebookページの「いかすのサスティナブルライフ」から、節気ごとに届くお料理レシピを紹介します。

いよいよ暦は秋冬に変わってきました。

まだ暑い日もありますが、畑の景色もそろそろ衣替えです。
美味しい秋冬野菜、楽しみです。

この頃は、だんだん夜が長くなり、露がつめたく感じられるころ。
空気が澄んだ秋晴れの過ごしやすい日が多くなると言われています。

澄んだ空気で月もいっそう美しく感じますね。

今週もそんな寒露を彩る食卓をご紹介致します。

【寒露の食卓】
・玄米ナッツ空芯菜ごはん
・かぼちゃポタージュ
・オクラのごま胡桃合え
・マッシュルーム、サーモン、ぶどう、柚子胡椒サラダ
・洋梨、れんこん、ドラゴンフルーツ、生ハムマリネ
・塩豚のリンゴ玉ねぎソース、キャベツマリネ添え

【寒露の食材】
かぼちゃ、きのこ、玉ねぎ、新米、新ごま、洋梨、ぶどう、柚子胡椒


Nature Good Mode × HELIO COMPASS

ある地球の定点から、その瞬間の刻々と移りゆく自然の風景を、額縁のように切り取ったNature Good Modeの時空間映像。2021年より地球暦とコラボレーションしながら、めぐる時とともに第3惑星地球の時空間を美しい映像で綴っていきたいと思います。(画像をクリック) ☆30度前の映像作品をお届けしています☆

[自然音と4K映像]  十勝岳連峰(北海道)/2021.09.07/白露

撮影現場は北海道 十勝岳連峰を一望できる千望峠付近。富良野の北東に連なる2,000m級の山脈であり、十勝岳、美瑛岳、富良野岳、三峰岳、上富良野岳、上ホロカメットク岳、美瑛富士、石垣山、ベベツ岳、オプタテシケ山など10数座の山々がほぼ直線に並ぶ。その連峰が次第に霧に覆われていく様子は、本格的な秋の訪れを感じることが出来た。白露は、夜に気温がぐっと下がることで草や地に朝露ができ、朝靄の中で朝露が白く輝くという意味。地球のサイクルを感じながら、新たな季節の到来に喜びをあげた。

▷Location Data: 緯度経度: 43° 27′ 59″N / 142° 25′ 52″E

カメラ角度: 84° E

標高: 260m / 気温: 11℃ / 湿度: 86%

時空間: 2021.09.07. 04:30〜05:39 AM


MY HELIO COMPASS QUEST

わたしの地球暦 自由探求コンテスト 暦を創る、時空を造る感動を 私から、あなたに、そして私たちへ。

Create and design your time and space. Mind-blowing experience from me, to you and we.

 

【応募期間】
2021年  8.7 立秋 〜 11.7 立冬

太陽系時空間地図 地球暦(HELIO COMPASS)は、太陽を中心に地球の一年を見る円形の白地図です。

季節の変化、社会の動き、家族の生活、自分の身体、学校やお祭りなど、

自由に書き入れて眺めることで、気づきや発見、情報を共有したりすることができます。

現在、世界各地の学校や地域で、創造的な学習に用いられています。

2021年、地球暦自由探求コンテスト実行委員会は、

地球暦を用いた探求作品を年齢や地域を問わず広く募集します。

募集は、1.【自由探求部門】と 2A.【課題探求部門A】、2B.【課題探求部門B】の計3部門です。

学校の自由研究や学習などとも合わせ、ふるってご応募ください。


ワークショップの風景

一節気前、立秋に東京で行われたワークショップ。親子で地球暦に触れる様子がいいですね⭐︎

レポをどうぞー。

その1

その2


⭐︎織りなす⭐︎

地球暦の時空間情報配信

キラッと光る時空のきらめきをとらえる 地球暦Instagram。

星降るように皆様に情報をお届けする 地球暦Twitter。

それぞれの特徴を生かし、世界観が鮮やかに彩られる時空間情報配信を今後もお楽しみください♡


太陽系時空間地図 地球暦、音楽シリーズ

[ The Time, Now ] 2021

☆大好評販売中☆

 

 

『EMERGENCE FROM AWAI』

太陽系時空間地図 地球暦、音楽シリーズ [ The Time, Now ] 2021年バージョン!
日本を代表するアンビエントアーティスト、岡野弘幹とのコラボレーション第五作目。
フィーチャリングにAKIRA  IKEDA を迎え、壮大な一年の物語が誕生しました。

 

“空間(宇)と時間(宙)が織りなす太陽系交響楽が聞こえるようだ!”
ー 佐治晴夫博士(理論物理学者・数理芸術学 提唱者)

 


★☆★ 第3四半期映像作品リリースいたしました ★☆★

  

太陽系の運行を壮大な譜面に見立てて1年を音像描写した本シリーズも、岡野弘幹氏とは5作目のコラボレーションとなる。昨年アメリカDOMOレコードからリリースされた『Quantum Leap Breeze』のアルバムは、約50分という大作であるにも関わらず、全米ラジオで全編放送されるなど大きな反響を呼んだ。またイギリスではアンビエントチャートで13位となり、本シリーズが新しい音楽の世界を切り開きつつあることを嬉しく思う。

この楽曲は1年365日を秒単位で天文情報をタイムラインにし、二十四節気、朔弦望、惑星会合など、太陽や月や惑星の動きをさまざまな音で表現している。スタートは春分からはじまり、曲の半分で秋分を迎え、再び春に戻ってくる。それはあたかも一呼吸に一生が感覚されるように、1枚のCDに大きな時空が詰め込まれている。

本シリーズでは、昨年『ZERO POINT』でコラボレーションしたAKIRA∞IKEDA氏がフィーチャリングとして参加し、互いの才能が音の間でまさに『あわい』を見出したような作品が完成した。京都北山の鶯、屋久島の川のせせらぎ、出羽三山の虫の音、熱帯雨林のスコール、マウイ島の波の音、そして鯨の歌声など自然音の響きと2人が生み出す音楽の響きが惑星地球号の生命の息吹を感じられる作品となっている。
自然災害やウイルスなどの厄災、政治や経済の緊張など、世界的な転換点となっている2021年だが、宇宙規模で地球人類がひとつの生命体として共鳴していく未来に希望を託し、本作を送り出したいと思う。

【 CREDITS 】
Music by Hiroki Okano feat. AKIRA ∞ IKEDA
Natural sound designed by Hiroki Okano
Natural sound recorded by Hiroki Okano, AKIRA ∞ IKEDA, Satoru Nakada
& Hiroyuki Nakano
Recorded by Hiroki Okano & AKIRA ∞ IKEDA
Mixed by Hiroki Okano
Mastered by Hiroki Okano & Daichi Yuhara (studio you)
Concept designed by Kaichi Sugiyama (HELIO COMPASS)
Additional musician: Miwafuku & Junko Okano
Video Editor by Kazunori Kawamura
Programmer by Yohei Kajiwara
Illustrated & Designed by Emi Sugiyama
Translator by Sayako Kidokoro (TRUNK)
Thanks to HIROAKI. ISAO SUDO.St Giga sound Designers union.

Collaboration Partner:Ecological Memes Global Forum 2021
Emergence from AWAI : Regenerating Human-Nonhuman Relations

太陽系時空間地図 地球暦 音楽シリーズ
このCDは、2021年3月20日春分からの一年間を一曲の楽曲にしたものです。地球暦の天体位置計算をもとに、一年を忠実に縮尺再現し、地球の一年の運行を約50分で再現しています。二十四節気、朔弦望、春夏秋冬の四季の環境音など、人の心拍数や呼吸に近い速度で進行するように工夫されております。音楽で聞く時空の旅をお楽しみください。

 

 

 


 いつからでも のれる 

地球暦!

お申込みこちら

残部あとわずか!!

 

 

 

Related articles