EVENT & NEWS

【TIMES】2021年12月4日 16時43分 霜月 新月 皆既日食(南極大陸) 11th New Moon 仲冬 Midwinter

【TIMES】2021/12/4 16:43 霜月 朔 / 皆既日食 (南極大陸)旧十一月 11th New Moon / 仲冬 Midwinter

地球暦が朔弦望の「霜月(しもつき)の新月」をお知らせします。
The eleventh New Moon of the lunar year falls on December 4th. Another lunar cycle of the month commences.

旧暦で十一番目となる「仲冬」の新月を迎えました。

田畑に霜が降りる霜降り月(しもふりづき)は、一年の農事が終了した合図。北半球の地上は生命力は枯れ尽きて質量が少なった分、種へと密度が高まる凋み月(しぼみづき)。今年一年のエッセンス(精髄)を濾し取り、来たる翌年の原液を濃縮するような霜月は、今年を結び=来年を開く、ゆく年くる年の切り替え期間です。

霜月は「七五三」の伝統行事のように、一年の成長をお祝いする月でもあります。髪置き、袴着、帯解き、化粧などをしていたように、子供の成長に合わせて身の回りの物を新調してお祝いしてあげるのも良いですね。

太陽の光も日に日に衰えて、冬至に向かって眠りにつくようです。ここからは外面よりも内面的な思考や精神の活動が豊かになってきます。創作や執筆とまではいかずとも、まとめきれなかったことなど、季節に背中を押されて、すんなり整理ができてきます。まずは心のテーブルにいろいろ広げてみてはいかがでしょう。きっと来年の種がたくさん生まれてくると思います。事務的な確定申告などの整理にも最適ですよ。

冬至の場面展開を静かに待つ霜月。
これから年末までの1ヶ月、今年を振り返りながら幕を閉じ、少しずつ来年を迎える準備を進めていきましょう。

次の満月は2021年12月19日、満ちる月とともに冬至を迎えます。

Photo:Kenji “Noiz” Nakamura (Nature Good Mode)


皆既日食

12月4日の新月は、南極大陸で皆既日食が起こります。

日食や月食は新月・満月に交点も重なり、例えればお団子のように太陽・月・地球が串にささって一直線になる瞬間。その串の一点が地球面に落とした影が空を暗転させる天体ショー。日常の中で一瞬垣間見る天変地異に鳥たちがざわめくように人も好奇心や畏敬を持って空を見上げてきました。今回は日本では見ることができませんが今年最後の特別な新月です。

日食に関しての詳しい記事や、観察の仕方などは国立天文台のHPで☆

✨金星最大光度です✨

 

仲冬の時空間情報(霜月の時空間情報)

一年を一呼吸に見立ててみると、夏至と冬至の至点は、吸気と呼気の間に存在する止気のようです。
ボールも波も最上点と最下点は一瞬運動が止まるように、太陽の動きも見かけ上ゆっくりになっています。
秋の日はつるべ落としと言いますが、冬の日は白夜が長く続くように、しばらく日出と日没の時刻が変わりません。
冬至は子の刻(冬至)の「子」に字にあるように、「一=はじめ、了=おわり」で止まることによって運動の終始、始末をとなります。止まることで動きはよりよく見え、止まることによって動きが作られる、生活に例えるなら、寝たり休むことによって働きや活動が継続できるのと同じこと。仲冬は一年の棚卸し、冬至に向かって一陽来復のターニングポイントをうまく使っていきたいですね!

*  *  *  *  *  *  *

260 | 2021.12.04 霜月新月16:43 皆既日食(日本では観測不可、南極大陸)
261 | 2021.12.05
262 | 2021.12.06 火星と天王星の開き
263 | 2021.12.07 大雪 6:57
264 | 2021.12.08
265 | 2021.12.09
266 | 2021.12.10
267 | 2021.12.11 霜月上弦 10:36
268 | 2021.12.12
269 | 2021.12.13
270 | 2021.12.14
271 | 2021.12.15
272 | 2021.12.16 水星と冥王星の結び
273 | 2021.12.17
274 | 2021.12.18 七五三(霜月十五)
275 | 2021.12.19 霜月満月 13:36
276 | 2021.12.20
277 | 2021.12.21
第4四半期のはじまり(89日間)
278 | 2021.12.22 冬至 0:59 / 水星と土星の結び
279 | 2021.12.23
280 | 2021.12.24
281 | 2021.12.25
282 | 2021.12.26
283 | 2021.12.27 霜月下弦 11:24
284 | 2021.12.28 水星と木星の結び
285 | 2021.12.29
286 | 2021.12.30
287 | 2021.12.31 大晦日(西暦)
288 | 2022.01.01 元日(西暦) / 水星と海王星の結び
289 | 2022.01.02
290 | 2022.01.03 師走新月 3:33


応募期間☆大雪(12月7日)まで延長します

MY HELIO COMPASS QUEST

わたしの地球暦 自由探求コンテスト 暦を創る、時空を造る感動を 私から、あなたに、そして私たちへ。

Create and design your time and space. Mind-blowing experience from me, to you and we.

 

↑ 画像をクリック ↑

【応募期間】
2021年  8.7 立秋 〜 2021年12.7大雪

太陽系時空間地図 地球暦(HELIO COMPASS)は、太陽を中心に地球の一年を見る円形の白地図です。

季節の変化、社会の動き、家族の生活、自分の身体、学校やお祭りなど、

自由に書き入れて眺めることで、気づきや発見、情報を共有したりすることができます。

現在、世界各地の学校や地域で、創造的な学習に用いられています。

2021年、地球暦自由探求コンテスト実行委員会は、

地球暦を用いた探求作品を年齢や地域を問わず広く募集します。

募集は、1.【自由探求部門】と 2A.【課題探求部門A】、2B.【課題探求部門B】の計3部門です。

学校の自由研究や学習などとも合わせ、ふるってご応募ください。

 

前述の藤野でも絶賛クエスト中☆

MY HELIO COMPASS QUEST わたしの地球暦 自由探求コンテスト

■応募締め切り 11月7日(土)立冬 → 12月7日(火)大雪

■応募フォーム https://forms.gle/dRwEwz52aYEdq57d9

クエスト中のアイディア、作品のシェアなど、エントリーメンバーFBグループ「わたしの地球暦QUEST GROUP」サイトへのアップも大歓迎です。
https://www.facebook.com/groups/566749637950765

立冬から大雪までの期間、エントリーメンバーがzoomでつながって、お互いに相談したり、一緒に作業をしたりする創発の場Co-flowクエストタイムもオープンする予定です。 FBグループで案内しますので、ぜひご参加ください。 立冬からの30度を活かして、クエストを深めていきましょう。 皆さまのクエスト作品を心からお待ちしています。

問い合わせ ■FBグループに投稿 https://www.facebook.com/groups/566749637950765
お一人の質問がみんなの助けになります。 ぜひお気軽に投稿してください。

下記のメールアドレスでも受け付けています。 個人的な内容などがある場合は、こちらもご活用ください。
■地球暦自由探求コンテスト実行委員会 entry@hcquest.xyz

 


⭐︎織りなす⭐︎

地球暦の時空間情報配信

キラッと光る時空のきらめきをとらえる 地球暦Instagram。

星降るように皆様に情報をお届けする 地球暦Twitter。

それぞれの特徴を生かし、世界観が鮮やかに彩られる時空間情報配信を今後もお楽しみください♡


太陽系時空間地図 地球暦、音楽シリーズ

[ The Time, Now ] 2021

☆大好評販売中☆

 

 

『EMERGENCE FROM AWAI』

太陽系時空間地図 地球暦、音楽シリーズ [ The Time, Now ] 2021年バージョン!
日本を代表するアンビエントアーティスト、岡野弘幹とのコラボレーション第五作目。
フィーチャリングにAKIRA  IKEDA を迎え、壮大な一年の物語が誕生しました。

 

“空間(宇)と時間(宙)が織りなす太陽系交響楽が聞こえるようだ!”
ー 佐治晴夫博士(理論物理学者・数理芸術学 提唱者)

 


★☆★ 第3四半期映像作品リリースいたしました ★☆★

まもなく第4四半期  !

太陽系の運行を壮大な譜面に見立てて1年を音像描写した本シリーズも、岡野弘幹氏とは5作目のコラボレーションとなる。昨年アメリカDOMOレコードからリリースされた『Quantum Leap Breeze』のアルバムは、約50分という大作であるにも関わらず、全米ラジオで全編放送されるなど大きな反響を呼んだ。またイギリスではアンビエントチャートで13位となり、本シリーズが新しい音楽の世界を切り開きつつあることを嬉しく思う。

この楽曲は1年365日を秒単位で天文情報をタイムラインにし、二十四節気、朔弦望、惑星会合など、太陽や月や惑星の動きをさまざまな音で表現している。スタートは春分からはじまり、曲の半分で秋分を迎え、再び春に戻ってくる。それはあたかも一呼吸に一生が感覚されるように、1枚のCDに大きな時空が詰め込まれている。

本シリーズでは、昨年『ZERO POINT』でコラボレーションしたAKIRA∞IKEDA氏がフィーチャリングとして参加し、互いの才能が音の間でまさに『あわい』を見出したような作品が完成した。京都北山の鶯、屋久島の川のせせらぎ、出羽三山の虫の音、熱帯雨林のスコール、マウイ島の波の音、そして鯨の歌声など自然音の響きと2人が生み出す音楽の響きが惑星地球号の生命の息吹を感じられる作品となっている。
自然災害やウイルスなどの厄災、政治や経済の緊張など、世界的な転換点となっている2021年だが、宇宙規模で地球人類がひとつの生命体として共鳴していく未来に希望を託し、本作を送り出したいと思う。

【 CREDITS 】
Music by Hiroki Okano feat. AKIRA ∞ IKEDA
Natural sound designed by Hiroki Okano
Natural sound recorded by Hiroki Okano, AKIRA ∞ IKEDA, Satoru Nakada
& Hiroyuki Nakano
Recorded by Hiroki Okano & AKIRA ∞ IKEDA
Mixed by Hiroki Okano
Mastered by Hiroki Okano & Daichi Yuhara (studio you)
Concept designed by Kaichi Sugiyama (HELIO COMPASS)
Additional musician: Miwafuku & Junko Okano
Video Editor by Kazunori Kawamura
Programmer by Yohei Kajiwara
Illustrated & Designed by Emi Sugiyama
Translator by Sayako Kidokoro (TRUNK)
Thanks to HIROAKI. ISAO SUDO.St Giga sound Designers union.

Collaboration Partner:Ecological Memes Global Forum 2021
Emergence from AWAI : Regenerating Human-Nonhuman Relations

太陽系時空間地図 地球暦 音楽シリーズ
このCDは、2021年3月20日春分からの一年間を一曲の楽曲にしたものです。地球暦の天体位置計算をもとに、一年を忠実に縮尺再現し、地球の一年の運行を約50分で再現しています。二十四節気、朔弦望、春夏秋冬の四季の環境音など、人の心拍数や呼吸に近い速度で進行するように工夫されております。音楽で聞く時空の旅をお楽しみください。

 

 

 


 いつからでも のれる 

地球暦!

お申込みこちら

残部あとわずか!!

 

 

 

Related articles